りぼん整骨院ブログ

2017.11.10更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

栄養不足もこりを深刻化させる一因になります。

栄養素というのは相互的に働いているので、まんべんなく補うのが理想的です。

そういった意味では外食がちな人などは特に、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントでカバーするというのもよいでしょう。

特にこりにいい食事を心がけたいという人は、以下の栄養素を意識的に補うようにしてください。

・ビタミンB1

まず多く見られるのはビタミンB1不足。

ビタミンB1は肩こりの薬などで筋肉疲労の解消のために配合されているように、不足するとこりやすくなります。

ビタミンB1は糖分を代謝させるために必要な栄養素ですが、現代人は糖分をとり過ぎる傾向にあります。

特に白米や食パン、甘い菓子や清涼飲料水に含まれる白い砂糖。

こういった精製され過ぎた食品をとってしまうと、ビタミンB1がいくらあっても足りない状態になってしまうからです。

玄米や全粒粉であれば、ビタミンB1も一緒にとることができます。

また、ビタミンB1は豚肉や豆類、ナッツなどに多く含まれています。

これらの食材と玄米や全粒粉パン・ライ麦パンなど、精製されすぎていない食材をとるようにしましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.11.09更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

どんな物事にも必ずいくつかの側面があります。

どの側面を見るかによって、受けるイメージは大きく変わってきますから、いつも特定の側面ばかり見るのではなく、ときには、違う側面から見るとどうだろう、と考えてみることが大切です。

マイナスイメージが浮かんできたら、それをプラスイメージに転化できないか考えてみるのです。

仕事で失敗してしまったら、「これは自分にとって貴重な経験になる」と考えれば、必要以上に落ち込んでしまうことはないでしょう。

どうしても苦手な人がいるなら、「なぜ苦手なのかを考えれば、自分という人間がもう少しわかるかもしれない」というスタンスに立ってみる。

すると、相手との関係を客観視することができ、苦手意識もうすれていくことでしょう。ものは言いよう、考えようです。

ほんの少し見方を変えるだけで、苦手なものが得意に、不快なことが快に、不満なことが満足に思えてくるのです。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.11.07更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

皆さんの中にも、仕事で疲れやすいと感じている人がいるのではないのでしょうか。

疲れたら、手を休めてコーヒーを飲んだり、少しの間、目を閉じたり、大きく伸びをしたりしてちょっとしたブレイクや休憩をとることが多いと思います。

そのとき、「ああ疲れた」と口に出してはいないでしょうか。

実は休憩の時の「ああ疲れた」、これが禁句なのです。

では、どういうふうに休憩をとればいいのかというと、「疲れた」ではなく「よくやった」と自分を評価すればいいのです。

休憩にかぎらず、あらゆる場面で「疲れた」と口にすると、疲労感を強めることになります。

気力に乏しい人が、いつも「疲れた疲れた」と言っているのはこのためです。

自分の発している言葉が、ますます自分を縛り、疲労を増加させていることに気づいていないのです。

「ああ疲れた」と実感を口に出すか、「よくやった」と自分を評価として口に出すか。

些細な違いかもしれませんが、その言葉がもたらす結果には大きな違いがあるということを知っておいてください!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.11.07更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

毎日の生活の中でもっと満足を感じること、それが疲れを溜め込まない秘訣です。

秘訣といっても、当たり前のことを当たり前にするだけですが、今は、その当たり前のことを忘れている人が多いです。

例えば、「ありがとう」という言葉、仕事であれ、家族であれ、ふだんの生活には欠かせない言葉です。

人から何かしてもらったとき、「ああ助かった」「嬉しい」「気がきいているな」といった気持ちが湧いてきたら、まずは、その喜びと感謝の気持ちを素直に表現してみることです。

大げさな態度をする必要はありませんが、喜びや満足している気持ちを笑顔と「ありがとう」という言葉で表すことが大切です。

それが習慣になると、今度は相手に対して感謝の気持ちを示すことが、自分自身の喜びとなり、気持ちがいいことだと気づきます。

「ありがとう」を言うこと自体に心地よさを感じ始める自分に気づくでしょう。

そうなったらしめたものです。

脳に満足の信号が送られ、ドーパミンの分泌がどんどん促進されるからです。

いつの間にか、あなたも「疲れを溜めにくい元気な人」に変身しているはずですよ!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.11.06更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

慌ただしい毎日を送っている現代人は、常に緊張状態を強いられているといっても過言ではありません。

十分な休養をとって疲労を回復させるためには、この緊張をとってゆったりした気分ベットに入ることが大切です。

それには、寝る前にリラックスするひとときを持つのが効果的です。

リラックスタイムはどんなものでもかまいませんが自分の好きなことをするのが一番です。

例えば、時間をかけてゆったりと風呂に浸かれば、最高のリラクゼーションになると思いますし、好きな本でも読みながら少々お酒をたしなむのもいいでしょう。

お笑いが好きなら、何も考えずにテレビのバラエティ番組を見て笑いころげるのもリラックスになります。

また、絵を描いたり、写経をするなど何かに没頭する時間を持つことも、日常の緊張を解き、リラックスすることにつながります。

要は、仕事や家事、育児などのウサを忘れ、自分にとって心地よいことをすればいいのです。

そうやって、リラックスする時間を持つと、心穏やかに布団に入ることができるはずです!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.11.06更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

毎朝、顔を洗う時に、鏡に向かって笑顔を作る。

これは、自然な笑顔を作るトレーニングとして行われているものですが、疲れた気分を一新し、今日も1日頑張ろうという気にさせるという意味においても、非常に効果的な方法です。

鏡に向かって微笑みかけるという行動は、自分が笑顔を作ると同時に、鏡の中の自分が微笑みかけてくれることになります。

自分が微笑み、相手も微笑んでくれる、これで気分がよくならないわけがありません。

そこから満足の感情が生まれ、ドーパミンが分泌されるのです。

実際に鏡に向かって微笑む際に大切なのは、心から楽しんで行うことです。

ときには気持ちが乗らないときや、前日の嫌な思い出がよみがえってくることもあるでしょう。

しかし、そんな時も、おざなりの笑顔ではなく、心から楽しい笑顔を作るように努力してみて下さい。

微笑みながら、「今日もイケてる」「今日も1日頑張るぞ」と自分に向かって声をかけてもいいでしょう。

これが習慣化され、毎朝自然な笑顔が出てくるようになれば、しょぼくれた人も見違えるように元気ハツラツになっているはずです。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.11.05更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

近年、首こりになる人が急増している大きな原因となっているのがスマホです。

スマホを使いすぎて、頸椎のカーブがなくなってしまう、いわゆるストレートネックになってしまう人も増えています。

ストレートネックなってもなお、首に負担をかけ続けていると、頸椎椎間板ヘルニアになることもあります。

椎間板ヘルニアがひどくなると、手術が必要になるなど治療がとても大変なのでそうならないよう、スマホとは上手に付き合ってください。

スマホは目や手先も疲れさせるので、長時間続けて使わないようにするのが理想的ですが、「それなら止めよう」という人はなかなかいないでしょう。

ですからせめて使用時の姿勢に気をつけてください。

床に座って使用する時は、頭まで壁によりかかって使用するとよいでしょう。

うつむくのではなく、スマホを持ち上げ、目と同じ高さにして使用するイメージです。

動画を見るなど、長時間手で操作をしなくても良い時は、空いているほうの手で、スマホを持っている手のほうの体側部をつかんで、スマホを持っている手の支えにすると楽です。

うつむき姿勢が続くと、顔がたるみやすくなるとも言われているので、日々注意して過ごすことが大切です。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.11.05更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

皆さんの中でも、あと10分だけと起きるのを先延ばしにしてしまったという経験はよくありますよね?

「もっと寝ていたい」という思いは、寝られないことに対する不満の裏返しです。

あと5分寝ようが、10分寝ようが、その不満は解消されません。

不満を抱えた状態で目覚めるわけですから、脳からドーパミンが分泌されずに、1日の始まりから、つまずくことになるのです。

結局のところ、5分や10分睡眠時間を延ばしたところで疲れが解消されるわけではないのです。

むしろ、寝たりないという不満が増幅され、疲労回復や気力増進にはマイナスの効果を及ぼす可能性が大きいです。

逆説的な言い方になりますが、毎朝眠いのは睡眠が足りないのではなく、睡眠が足りないような気にさせる起き方をしているということです。

寝床でグズグズせず、目が覚めたらグッと伸びをして、「あぁ、今日もよく寝た」と思ってみる。

たったこれだけのことで、朝から気力、体力ともに充実した気分になれるのです。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.11.04更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

目は近くを見ている時は、副交感神経が優位な状態です。

しかし、体全体としては交感神経を優位にして集中力を高めています。

すると目と体の自律神経がアンバランスになり、自律神経を余計に混乱させるといわれています。

ですから、せっかくの仕事の休憩時間に書類を書くといった、近くを見る作業をすると、そのアンバランスさは解消されません。

窓の外を眺めるなど、なるべく遠くを見ることが大切なのです。

アイマスクなどで目をしっかり休めるのもよいでしょう。

目がどんよりと疲れているような時は、ホットアイマスクで血流を高めるとスッキリします。

タオルを濡らして電子レンジで温めたホットタオルや、市販されている蒸気で温めるアイマスクなどを活用してください。

目がカーッと熱くなっているように感じる時は、オーバーヒートしていますので、反対に、ジェルが入っているような冷たいアイマスクを使ってください。

以前に紹介した「首こりほぐし」の中から、気持ちいいと思えるものをピックアップして行うのもオススメです!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.11.04更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

前回に引き続き、パソコン作業をする時の注意点についてのお話です。

・涙成分の目薬を利用する

パソコンを使っていると瞬きが減り、目が乾きやすくなり、眼精疲労が進んでしまいます。

意識的に瞬きをしましょうといっても、集中してしまうと忘れてしまいます。それよりは目に負担をかけない涙成分の目薬で適度な潤いを与えていきましょう。

・50分ごとに10分休む

本来であればもっと短い時間で休憩を入れたほうがよいのですが、仕事中だとそうちょくちょくと休むことはできないかと思いますので、50分に1回は休憩を。

ただし、これは最低限なので、死守してください。

また、注意したいのは、その休憩時間に書類を書くなど、別の細かい仕事をしないということです。

休憩時間の意味がなくなります。

以上、前回からの4点が、パソコン作業によって、こりを作らないための注意点です。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

前へ 前へ