りぼん整骨院ブログ

2018.01.05更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

体温が高くなると免疫力が高まる理由、1つは血液の流れがよくなることですが、もう1つは、酵素の活性が高まることです。

生命体が生きていくためには、体内でさまざまな化学反応が絶えず行われています。たとえば、「分解」「吸収」「排出」や、細胞の新陳代謝、エネルギーを作り出すのも、すべて酵素という「触媒」を必要とする化学反応です。生命維持に必要不可欠な酵素が活性化するのが、じつは体温が37度台のときなのです。体温が高ければ高いほど、酵素の働きはよくなります。

酵素は熱に弱いとよくいわれますが、それは食べものに含まれる酵素が加熱により壊れることを指します。酵素が壊れるのは最低でも48度以上で、人間の体温がそこまで上がることはありません。風邪をひいたときに発熱するのも、血行をよくするとともに酵素活性を高めることで、免疫力を高め、ウイルスを撃退しようとしているからなのです。ですから風邪のひき始めにお風呂に入ることは、免疫システムがウイルスと闘いやすい環境を外から整えてあげることになるので、風邪が早く治るというわけです。

風邪をひいたかな、と感じたらお風呂にゆっくり浸かり、顔がほてるくらい、いつもよりしっかりと体を温めるようにしてください。湯冷めしないように温かい格好で、充分な睡眠をとるようにしましょう。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.12.30更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

体温が高いとなぜ免疫力が高まるのでしょうか。理由は2つあります。

1つは血液の流れがよくなること。もう1つは酵素の活性が高まることです。血流がよくなると免疫力が高まるのは、そもそも免疫機能をもった白血球が血液の中に存在しているからです。

血液が、体を構成する約60兆個もの細胞に栄養と酸素を送り届け、かわりに老廃物を持ち帰る働きを担っていることはよく知られていますが、血液にはもうひとつ、とても重要な働きがあります。それが免疫システムです。

白血球が血液を介して体の中を巡ることで、体の中に異物が侵入してきていないかどうか、パトロールをしているのです。そして、異物を発見すると、白血球は自分で対処するとともに、白血球の応援隊を呼びます。こうした白血球の素早い対処によって、侵入した細菌やウイルスを駆除し、健康を保っているのです。

でもこのとき、血液の流れが悪かったらどうでしょう。白血球は血液の中に存在しているので、血流が悪いと、呼ばれても素早く応援に駆けつけることができなくなってしまいます。ですから、体温を上げ、いつも血流をよくしておくことが、免疫力の向上につながるのです。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.12.29更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

風邪をひいているときの入浴について、昔は熱があるときは入らないほうがいいといわれましたが、今では逆のことがいわれるようになりました。寒気を伴うような高熱のときの入浴は控えたほうが安全ですが、37度を少し超えるくらいであれば、お風呂に入ってじっくり体を温めたほうが風邪は早く治るというのです。

なぜ体を温めると風邪が早く治るのかというと、それは、体温を上げることによって免疫力が高まるからです。私たちの体を守っている免疫システムは、体温と密接に関係しています。

体温が1度下がると免疫力は30%低下し、逆に体温が1度上がると免疫力は50~60%もアップします。計算が合わないと思われるかもしれませんが、免疫力が上がるというのは、白血球の数が増えるということではなく、一つの白血球がもつ能力と精度がアップするということなので、こうしたことが成立するのです。

でも、体温が高いとなぜ免疫力が高まるのでしょうか。 次回につづきます→

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.12.25更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

年を重ねるほど、骨の状態は悪くなります。「骨の状態が悪くなる」というのはどういうことかというと、一つには「骨の質が下がる」、つまり「骨粗しょう症」です。

もう一つが「骨の変形」です。骨と骨の間には、椎間板と呼ばれるものがあり、骨と骨とのクッションのような役割を果たしています。椎間板の形が悪くなると、骨にも影響して、骨の変形が起こります。

レントゲン写真で身体の側面から椎間板を見ると、キレイな四角形をしていますが、身体の一部に無理な負担がかかる生活を送っていると、この椎間板がつぶれて、骨と骨の間からはみ出るような形状に崩れてくるのです。そしてこのはみ出た椎間板を骨と骨の間に収めるため「受け皿」を広くしようと、骨のほうが形を変えていくのです。これを医学用語で「変性」と呼び、形を変えてとがってきた骨の部分を「とげ」(骨棘)と呼びます。

「椎間板ヘルニア」とは、椎間板が形を崩し、中身が飛び出して、神経を圧迫して痛みを感じる症状のことです。年を重ねるほど、椎間板と骨が形を変え、骨の変形が進むことを「加齢変形」と呼びます。

首の悪い姿勢を放置していても、年々悪くなることはあっても、決してよくなることはありません。ですから、首姿勢のケアは一刻も早く始めるべきなのです。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.12.23更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

首姿勢と美容効果との関係を考えてみると、「見た目の美しさ(外面)」と「体内の血液循環(内面)」の2つに影響を与えています。

前回は外面についてお伝えしましたが、では「体内の血液循環(内面)」についてはどうでしょうか。

多くの女性が抱えている「冷え症」の悩み。冷え症の原因は、末梢神経が狭い、ホルモンのバランスが悪いなど、さまざまです。

その原因の一つとして「悪い首姿勢により、首の神経を圧迫している」ことも考えられます。

なぜなら、手足とつながっている首の神経が圧迫されたことにより、血液をうまく巡らせることができず、手が冷たくなったり、足が冷たくなったりしている場合があるからです。しかも冷え症は、対策を誤るとより悪化させてしまうこともあります。例えば、「手足が冷えるので、靴下を履いて、寝間着を何枚も着ています」というような人がいますが、この着ぶくれ状態は、寝返りをうちにくくさせていkます。

寝返りをうてない→血液循環が悪くなる→冷え症が改善しない→さらに着ぶくれ状態になる

…という、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.12.22更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

首姿勢は普段の気分だけでなく、美容や若さなどのアンチエイジングのカギも握っています。首姿勢と美容効果との関係を考えると、「見た目の美しさ(外面)」と「体内の血液循環(内面)」の2つに影響を与えています。

まず「見た目の美しさ」から考えてみましょう。前かがみで首に負担のかかる姿勢で過ごしている人を見て、どんなイメージを抱くでしょうか。「疲れているのかな」「人生が楽しくないのだろうか」と思うかもしれません。

逆に、堂々と胸を開いて、首に負担をかけない「首姿勢美人」がいたらどうでしょうか。もし同じ年齢だったとしても、若さや快活さを感じる人は多いことでしょう。

なぜ首姿勢を変えるだけで、そんなに若々しく見えるのでしょう?

①首を起こして顔を上げ、 ②胸を開き、 ③お腹を引っ込め、お尻を締める

…この3秒でできるアクションによって首姿勢をよくすると、それだけで周囲に与える印象ががらっと変わるからです。そして印象が変わると、周りの人の反応も変わり、自分の対応が明るくなり、ますます若々しくなっていく。でも、本人は意識を変えただけです。「首姿勢の美しさ」への意識が、大きな変化を与えてくれたのです。

 

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.12.21更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

首姿勢が悪いということは、「脳のポジションが悪い状態」でもあるのです。

考えたり、感じたり、身体全体のバランスをとっているのが、脳です。その脳が絶えず不安定な状態に置かれているわけです。そうすると、どんなことが起こるでしょう?

○ぐるぐると回転しているような感覚に陥る、めまい

○船に乗って揺れているような感覚が続く、ふらつき

○立ち上がった瞬間にふらつく、立ちくらみ

…こういったことが起こりやすくなります。

もちろん、首姿勢の悪さが、めまい、ふらつき、立ちくらみの唯一の原因ではありません。けれども、バランスをつかさどる脳がそもそもアンバランスな状態で活動しているのですから、安定的な位置のときの脳よりも、めまいなどを引き起こしやすくなっていることは確かです。

「めまいがひどくて気持ち悪い」という悩みを訴える人も、首姿勢を改善することで、いつの間にかめまいやふらつきがなくなったということもよくあります。

 

 

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.12.19更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

プチうつ症状が疑われる人は、「首姿勢をよくする生活習慣」を実行してみると、数日で症状が軽くなる場合が多くあります。

つまり、原因は「うつ」ではなく、ただの首姿勢の悪さだけだったということです。

首姿勢は、人の感情や気分に非常に大きな影響を与えていると考えられています。健康で前向きな生活を送るためには、社会に対して開いた姿勢をとっていることがとても重要です。顔を下に向け、背中を丸めた、前かがみな姿勢は、プチうつの症状をさらに加速してしまいます。

プチうつ的な症状を感じた人は、まず顔を上げ、胸を開いて、姿勢から美人な状態をつくってみましょう。猫背を治すのと同じ意識で、「首と胸を起こす」わけです。

なぜなら人間は、顔を上げた状態で悲観的に物事を考えるのが難しいからです。今まで悲観的なことばかり考えていた人でも、姿勢を変えるだけで、うつ的状態から脱出できるかもしれません。姿勢が変われば心が変わる、なのです。

 

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.12.17更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

うつ病は、今や日本人の国民病とも呼ばれます。「プチうつ」と呼ばれる軽症の場合を含めれば、日本人の4人に1人がこの病気を患っているともいわれます。

 ○眠れない     ○なんとなく気持ちがすっきりしない    ○人と会いたくない 

 ○食欲が出ない     ○何をするにしても面倒くさい

そんな状態になったら、「プチうつ」の初期症状の可能性があります。プチうつの人の中には、首姿勢の悪さが原因で首こりや首痛に陥り、気分が落ち込んでいる人がととても多いのです。首まわりが絶えずドキドキして、重たく感じている状態をイメージしてみてください。そんな状態だと、首が脳に近いこともあって、非常に気になり、何も手につかなくなりませんか。

その状態が続くと、どうなるでしょうか。何か考えようとしてもうまくまとめられずにイライラしっ放し、眠ろうと思ってもあまり眠れず、疲れはたまっていくばかり…身体も心も疲れてしまい、結果、プチうつに陥ってしまう場合もあるのです。そんなプチうつ症状が疑われる場合は、どのような対策をとればよいのでしょうか?具体的な方法を次回にご紹介します!

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.12.16更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

実は首姿勢の悪さが頭痛の原因だった、というケースもよくあります。

女性に多いといわれているのは「片頭痛」で、これは血管性頭痛のこと。不定期にズキズキとした痛みが走り、慢性的に痛みに悩まされることになります。ストレスや環境の変化、食べ物などなんらかの要因で血管が広がり、周囲の神経が刺激されて起こる症状で、頭痛の中では10~20%と少なめです。

一方、「頸性頭痛」は、首姿勢が悪いことにより、首から頭につながっている神経が圧迫されて起こる頭痛のことです。これは筋緊張型頭痛とも呼ばれ、頭痛の70~80%を占めます。頸性頭痛も、片頭痛と同じように不定期にズキズキとした痛みが走るため、感じている本人は、いったいどちらの頭痛なのか症状だけでは分からないのです。どちらの頭痛かをチェックする簡単な方法があります。

○お風呂に入って楽になるのであれば頸性頭痛(筋緊張性頭痛)

○お風呂に入ってひどくなるのであれば片頭痛(血管性頭痛)

つまり、血行が良くなると痛みが消えるのなら、それは首姿勢が原因の「頸性頭痛」だった可能性が高いのです。

ただし、頭痛は身体の不調を訴えるサインと見なされています。自己判断せず、専門医のもとで診察してもらってください。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

前へ 前へ