りぼん整骨院ブログ

2018.10.05更新

50代を過ぎると、ほとんどの人に加齢による動脈硬化が起こってしまいます。すると、さまざまな深刻な病気を発病するリスクが上がります。

こうした、怖い動脈硬化を招く「危険要因」が4つあります。これらに、気を付ければ、動脈硬化も、かなりの年齢まで防ぐことができます。

その4つとは、リスクの高い順にいうと、「高血圧」「喫煙」「糖尿病」「高コレステロール」です。ここで、注目してほしいのは、「喫煙」です。

そのほかの3つは、健康診断で要注意といわれると、多くの人が食生活を見直したり、薬を服用したりすることでコントロールしようと努力されるのですが、リスクが2番目に高いにもかかわらず、喫煙を辞める方は実際には多くありません。

いくら血糖やコレステロールをコントロールしても、タバコを吸い続けていたのでは、効果はありません。喫煙している限り、動脈硬化はどんどん進んでいきます。

50代以降も健康でいるためには、まずは動脈硬化を招く4つの危険要因をすべて取り除くことです。そのうえで、体温を恒常的に上げる努力を続けていけば、血流が改善されるので、硬くなった血管細胞のダメージも徐々に回復し、動脈硬化は回復されていきます。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院