りぼん整骨院ブログ

2017.08.05更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

大きなイベントの前は緊張して眠れない、ということがよくあります。

緊張してしまうと交感神経が優位になり、自律神経の乱れが生じます。

よくあるのは、好きな香りを嗅いでリラックスしたり、ヒーリングミュージックを聞くこと。

ですが問題は、それでもリラックスしなかった時です。

その時は、少し体を動かしてみましょう。

行うのは、肉体の疲労を伴うエクササイズではなく、ストレッチです。

ゆっくり、手足を「痛気持ちいい」ところまで動かします。

そして、この時に腹式呼吸をすることで副交感神経が優位になり、リラックスします。

10分くらい行うと、気持ちが落ち着きます。

それでも緊張して眠れない時は、お茶に含まれているテアニンというアミノ酸をとると良いでしょう。

テアニンは脳の興奮を鎮めてくれるので、眠りも良くなります。

最近はサプリメントとして販売されているようです。

また、イベント当日の手順や不安な点をノートに書き出してみることで、確認事項があきらかになり、心配や不安も減るはずです。

しっかりした準備と「まあいいか」という楽な気持ちを持っていれば、眠れるようになるはずです。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.05更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

ショッキングな事件、出来事があって睡眠に影響が及んだ時は、どうすればいいでしょうか?

簡単に忘れることができない時は、気分転換が大切です。

特に、気持ちよいこと、爽快感のあることをやりましょう。

中でもオススメは、ジョギングやウォーキング、エアロビクスといった運動。

このような運動をすると、βエンドルフィンというホルモンが分泌されます。

βエンドルフィンは脳に作用して幸せな気持ちになります。

このホルモンがもたらす効果は3~5時間程度持続するので、しばらく続けることで徐々にショッキングな出来事の記憶が薄れ、眠れるようになります。

好きな音楽を聞くのもよいでしょう。

音楽はドーパミンを分泌させます。

神経伝達物質であるドーパミンは、落ち込んだ気持ちを高揚させてくれます。

また、温泉やリゾートに行くのもオススメ。

温泉には浮力によるリラックス効果、温熱による体温上昇効果、そして水圧による血行促進などの効果がある他、気持ちをリフレッシュさせる転地効果も得られます。

転地効果は、日常生活から離れ、精神のバランスを整える最高の方法です。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.04更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

睡眠に最も悪い影響を与えるのが「心の疲れ」です。

人間の脳は他の動物と比較して体に対する割合も大きく、それだけ多くの情報を処理します。

情報によっては、ストレスや不安から心の疲れが溜まり、時に睡眠に大きな影響を与えます。

睡眠の善し悪しは、心も疲れの大小によって決定するといっても過言ではありません。

よく言われる睡眠障害の多くが、心の疲れを引き起こしている原因をとらえなければいけません。

ですが、その原因は100人100通りあって、根深いものから比較的軽いものまで重度も様々。

なぜ、そのようなことになったのか、まずは自分自身を冷静に見る必要があります。

心の疲れからの回復にはストレスマネジメントが必要だと言われています。

例えば、完璧主義をなくす、失敗してもクヨクヨしない、趣味を持つ、時にはボーっとする、先入観を持たない、軽い運動をする、不要なものはどんどん捨てる、ユーモアを持つ、目的意識を持つなど、様々です。

自分に合った方法を探してみましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.04更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

疲れには大きく分けて2つあり、1つは「体の疲れ」、もう1つは「心の疲れ」です。

体の疲れの回復に必要なものは、栄養の補給としっかりした休息。

しっかり食べて、良質な睡眠を取るということが重要なのです。

エネルギーがなくなると、一時的に運動エネルギーとして使用するグリコーゲンが不足してしまうので、糖質を摂ることが必要になります。

また、バランスの良い食事から必須アミノ酸などを摂ることも大切。

特に、トリプトファンというアミノ酸が脳内に入ると、体温や睡眠に影響を与えるセロトニンや、眠りを安定させるメラトニンを増加させ、良い眠りがとれます。

そして、栄養の補給に大切なのが血液循環です。

食事で摂った栄養は胃で消化し腸で吸収します。

吸収した栄養は血液によって全身に運ばれるので、血液循環がとても大切です。

そこで役立つのが入浴です。

お風呂に入ると副交感神経が優位になって心身がリラックスし、体中に栄養を運べると同時に、よく眠れるようになり、疲労も回復するのです。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.03更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

漢方には、「気、血、水」という考え方があります。

「気」は精神的なエネルギー、「血」は血液、そして「水」は血液以外の体内の水分。

精神的な活動や機能は「気」によってなされ、「血」と「水」は「気」の作用によって生成と循環を繰り返します。

すなわち、「気、血、水」がバランスよく保たれることで、健康な状態になれるという考えです。

睡眠不足から「気」が乱れてしまい体の機能がうまく働かず、「血」や「水」がしっかりと循環しなくなった結果、「むくみ」という症状が出てしまうことがあります。

まさに「気、血、水」のバランスが崩れ、体に変調が現れたということです。

集中力がなくなったり、作業効率の悪化などが、睡眠不足や不眠のサインといわれています。

しかし実は、「むくみ」や「肩こり」など、血液循環が悪くて起きる不快な症状も、”睡眠不足のサイン”となっていることがあります。

毎日お風呂に浸かっていても「むくみ」や「肩こり」、そして「腰痛」などを感じたら、睡眠時間が不足していないかチェックしてみてください!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.03更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

子供の発育に必要不可欠なホルモンが分泌されるのは、入眠してから最初の2~3時間です。

その分泌量は幼少期から徐々に増えて、15~20歳ぐらいにピークを迎え、その後急激に減っていきます。

ですから、幼少期の子供にとっても、良質な睡眠は必要不可欠です。

また、お父さん、お母さんは、子供と毎日「朝食」を一緒にとりましょう!

朝のスタート時間をそろえることで、仕事や家事などで乱れがちなお父さん、お母さんの体内時計がリセットされ、生活リズムが整います。

その結果、睡眠を促すホルモン、セロトニンが正常に分泌され、質の高い睡眠がとれるようになります。

朝食を食べながら、昨日あったことを子供に聞くとよいでしょう。

子供にとっても、朝は頭がスッキリしていますし、睡眠中に記憶が整理されているので、話す内容もバラバラせずしっかり答えられるはずです。

また、話をすることで脳にもよい刺激を与え、精神的にも安定します。

朝、家族全員で食卓について会話することは、生活リズムが整い、心身ともに健康になりますので、ぜひ毎日の習慣にしてください。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.01更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

生まれたての赤ちゃんは昼も夜も関係なく、2時間おきに目を覚まします。

赤ちゃんの睡眠は、生後7週間ほどは安定しません。

昼と夜の区別がつくのは、生後約7週間たってから。

お母さんにとっては、少しでも早く、大人と同じ睡眠サイクルになってくれれば、眠ることができてラクになりますよね。

赤ちゃんの睡眠を大人のサイクルに近づける方法があります。

それは、夜中に赤ちゃんが起きても、「電気をつけないこと」です。

おむつを替えたり、授乳したり、ゲップの時に使うガーゼを探したり…。

つい電気をつけて明るくしてしまいます。

ですが、電気をつけたとしても明るくせず、なるべく暗い中でおむつをを替えたり、授乳したりしましょう。

そうすることで、赤ちゃんは徐々に夜を認識し、「夜は眠るものだ」と理解し始めます。

実際に、暗い中でおむつ交換や授乳をされた赤ちゃんは、明るい中でされた赤ちゃんより1週間も早く、大人と同じ睡眠サイクルになったという研究結果もあるのです。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.01更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

今回は胸閉め上げ筋膜エクササイズを紹介します。

①両手の小指をくっつけて、両方の手の平を上にして腕を前に伸ばします。

②肘を90度に曲げて、肘から手首、小指までぴったりくっつけます。

③同じ姿勢のまま両手を上げていき、両肘が離れそうになったところで30秒以上ストレッチします。

お腹には軽く力を入れておいてください。

これを合計3回繰り返します。

慣れたら、時間も延ばしてやってみましょう!

このエクササイズで広背筋がストレッチされ、大胸筋がいい形に鍛えられます。

続けることで、バストもアップして、背中の脂肪もつきにくくなります。

あげたときに両肘が離れてしまう、腰が反ってしまうというのはNGです。

気をつけながらやってみてください!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

前へ