りぼん整骨院ブログ

2017.08.31更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

近年IT技術が進み、便利な世の中になりましたが、一方で危険もたくさんあります。

携帯やスマートフォン、タブレット、パソコンなどから出るブルーライトを浴びる時間が増え、睡眠を悪化させているのです。

他の光とは違い、ブルーライトは目の角膜や水晶体に吸収されず網膜まで届くので、目を疲れさせます。

また、メラトニンの分泌を阻害して睡眠が安定しなくなったり、子供の発育に欠かせな成長ホルモンの分泌にも悪影響を及ぼします。

なにより、スマートフォンやパソコンでゲームをする子供が増え、睡眠時間がどんどん減ってきているのです。

年齢が高くなればなるほど、睡眠時間は減る傾向にあります。

小学校低学年では、85%以上の子供が22時前に寝ていたにも関わらず、高学年になると、22時前に寝る子は44%、半分以上が22時以降に寝ています。

中学生になると、23時以降に寝る子が80%を超えます。

そして、睡眠時間が少なくなると、実は成績にも悪い影響をもたらします。

小学6年生に対するアンケートで23時以降に寝ている子供の15%が、授業中眠くなって授業に集中できないという調査結果がでています。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.31更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

ストレス解消のための適度な運動とは、どのような運動でしょうか。

それはずばり、目標を70%にした運動です。

例えばゴルフ。

多くの人がプロでもないのに、スコアという結果を求めます。

結果を求めることは良いことですが、眠れない人は違うところに重点を置きましょう。

まず、カートではなく、コースを歩きましょう。

かなりの距離を歩くはずですが、歩くはずですが、歩くことで気づくことがあります。

咲いている花、鳥の鳴き声、コースの緑…。

スコアを気にしなければ、気分もリラックスします。

目標を70%に置けば、パットの緊張や無理なプレーが減り、結果として、良いスコアになることもあります。

また、ジョギングもそうです。

タイムを気にして走ると、景色をのんびりみることもできません。

時にはゆっくりと景色を見ながら走りましょう。

新しいお店ができたとか、さまざまな発見があるはずです。

ゆっくり走ると可走距離も増えて、トレーニングにもなります。

最近増えているのが、山の中を走るトレイルラン。

山の中なので、空気もよく景色も楽しめます。

完走を目標にすれば、タイムは気になりません。

このような運動を取り入れると適度な体の疲れと心の満足が得られ、良質な睡眠を得ることができるはずです。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.29更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

人間の脳は動物に比べてとても大きく、複雑にできています。それゆえ、心身ともに敏感で、精神的影響も大きく、ストレスにも微妙に反応します。

ストレスは人間の体にさまざまな影響をもたらし、適度であればよい方向へいきますが、過度のストレスはマイナスへ働きかけます。

また、睡眠は脳との関係が深く、ストレスの度合いが睡眠の深さや質に大きく影響します。

現代はIT技術も進み、仕事も効率化されていますが、仕事の量はどんどん増え、ストレスフルです。また、働く女性も増えているものの、育児環境は整わず、子育てにも大きなストレスを伴います。

結果、思うような睡眠が取れない人が増えています。では、どうすればストレスを抱えながら、よい睡眠が取れるのでしょうか。

ストレスマネジメントが必要といわれる現代人に必要なのが、「気分転換」です。手軽にできる気分転換は、体を動かすことです。

「そんなことで?」と思う人も多いと思いますが、適度な運動は、よい睡眠への第一歩になります。

次回は、具体的な運動の内容についてお伝えします。

 

 

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.29更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です。

前回は、歯ぎしりの眠りへの影響についてのお話でした。

もう1つの問題は「いびき」です。

いびきは、呼吸によって空気が通る上気道(喉や鼻腔など)の粘膜が揺れることで音が出てしまうのが原因です。

睡眠中は体の筋肉も弛緩しますので、上気道も狭くなって音が出やすくなります。

また、肥満、アルコール、ストレス、病気などが上気道を狭くする原因にもなります。

いびきを防止し、改善・解消するためには、まずは何が原因でいびきをかいているのかを知ることが大切です。

例えば、肥満が原因ならば「肥満解消(ダイエット)」がいびきの解消には必要不可欠ですよね。

また、仰向けで寝ると舌の付け根が喉の奥に落ちやすく、気道が確保できないため、いびきをかく原因となります。

いびきが気になる人は、横向きで寝るよう心がけましょう。

普通に横向きに眠ることができなければ、タオルなどを利用して横向きの姿勢を保ってみましょう。

この時、枕が高すぎると上気道を狭める原因になるので、注意が必要です。

歯ぎしりやいびきは、同室で寝ている人に迷惑をかけるだけでなく、自分の健康にも悪影響をもたらします。

早期の改善を心がけましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.28更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

同じ部屋で寝ている時、隣の人の歯ぎしりやいびきがひどくて眠れないということはありませんか?

または、逆にそのようにいわれたことはありませんか?

歯ぎしりは普段、物を噛む時のおよそ2倍以上の力がかかるといわれています。

原因はまだ解明されていませんが、顎関節症やストレスなどといわれています。

顎関節症による歯ぎしりは、関節痛を起こしたり、口が開かなくなったりします。

また、肩こりの原因になることもあるため、病院で治療を受ける必要があります。

ストレスの場合は、ぬるめのお風呂に浸かる、好きな音楽を聴く、好きな香りを嗅ぐほど、リラックスする必要があります。

そして、アルコールやたばこなど、交感神経を優位にするものは控えましょう。

実は、歯ぎしりは人間が進化の過程で得た能力ともいえます。

人はもともと動物ですので、無意識にストレスに対応しているわけです。

言い換えれば、歯ぎしりは本能的に心身をコントロールするための現象とも言えるのです。

また、歯ぎしりが気になる場合、寝る時の姿勢は仰向けになること。

高い枕は避けて、なるべく体に負担がかからないように寝ましょう。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.28更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

前の記事でもいったように、座りっぱなしはよくありませんが、こまめに動けない環境の人も多いと思います。

そんな方は、座ったままでできる、左右の足を交互に上げる、両足のつま先を上に向けたり、逆にかかとを上げてつま先を下に下げたりという運動をするだけでも、滞っていた血流が良くなります。

また、椅子に座ったまま、両方の膝を伸ばし、つま先を自分の方へ向けます。

その後つま先を伸ばしたり曲げたりを繰り返してもいいですし、あるいは椅子に座り、お腹にグッと力を入れて片方の下肢を前に伸ばしつま先を自分の方に向けたまま少し太ももを浮かせてキープします。

デスクワークの人はとにかく下半身の血流が滞るのを防ぐことが大切です。

ちょっとした工夫で足の筋肉を使うよう心がけてみましょう!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.27更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

デスクワークが中心の仕事だと、基本的にはずっと座ったままですよね。

座りっぱなしは血管にとってよくありません。

座りっぱなしの人はそうでない人に比べて「血糖値やコレステロール値が高くなりやすく、糖尿病や心臓病が増える」や「死亡リスクが2~4割高く、寿命が短く脳卒中、結腸がん、前立腺がんが増える」などと指摘されています。

座りっぱなしだと下半身の血流が滞り、エネルギー代謝が悪くなります。

デスクワークが多い人は、あえて別のトイレに行ったり、ランチに遠くの店まで行ったりなど、工夫してこまめに動くよう心がけて、座りっぱなしの状況を回避しましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.27更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

長期的に見て、しっかり消化されていれば、肉は元気のもとになるといえるかもしれません。

ただ、たとえば、短期的に見て、明日大会だから焼肉を食べて元気になろう!というのは嘘なのです。

実際に肉がエネルギーになるまでにどのくらいの時間がかかるというと、牛肉や豚肉などは2~3週間もかかるといわれています。

かなり消化しにくい食べ物なのです。

この原理でいえば、大会などの2週間前に肉を食べて、しっかり消化できれば元気になれるかもしれませんが、前日に食べてもあまり意味はないといえます。

むしろ、体が重くなってしまいますので、避けたほうが良いでしょう。

直前に何かを食べて元気になりたい場合は、炊きたてのご飯が一番です。

炭水化物は短時間でエネルギーに変わるのでオススメです!!

ぜひやってみてください!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.26更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

チョコレートはとても刺激が強い食べ物です。

例えば、昼間「眠いな」というときにチョコレートをひとかじりしたら、体がなんとなくシャキッとしたという経験はありませんか?

強いということは何にしても諸刃の剣です。

少し食べるなら、この刺激の強さを有効に使えるのですが、食べすぎはよくありません。

食べ過ぎたり、長く食べ続けていると、精神的に不安定になったり、イライラしやすなってしまいます。

イライラすることは消化という点でもよくありません。

消化が乱れると、栄養吸収と代謝がうまくいかなくなり、病気の原因になります。

そして、吹き出物ができやすくなってしまいます。

このように食べすぎはいいことはありません。

適度な量を摂るようにしましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.08.26更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

「薬って一度飲んだらやめられなくなるんじゃないの」と思っている人は多いのではないでしょうか。

実際はそんなことありません。

しかし、医者が薬を飲むよう進めても、絶対飲まないという方もいらっしゃいます。

そしてそのまま、脳梗塞を起こしてしまうパターンもあります。

血液検査のデータが悪くても、血管の状態によっては、経過観察という治療方針もあります。

定期的に血管をチェックすると、良い生活習慣を続けるモチベーションにもなります。

ですので、自己判断で薬をやめたり、毛嫌いしたりするのではなく、自分にとって一番良い使い方をできるようにしましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

前へ