りぼん整骨院ブログ

2017.05.07更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

市販の「フィットネスボール」を使って、上半身全体をほぐしていく“リラクシーストレッチ”をご紹介します。

これは、体の側面にストレッチボールを入れて行います。

①床にひじをついて、上体を少し起こして横向きになり、腰の下に「フィットネスボール」を入れます。

②そのまま床に横になり、下の腕を前に伸ばし、バランスを取ります。次に腰をひねりながら、

 胸を開くように上体を上に向けます。このとき胸を大きく開くように、ゆったりと動かすのがコツです。

 これを左右同様に行います。

③仰向けになり、肩甲骨の間にボールを入れて、ゆっくりと手を広げて深呼吸をします。首コリや肩コリ、背中のコリもほぐせます。

 さらに、ボールの位置を少しずつ上にずらして、伸ばす位置を変えていくと、上半身がほぐれてリラックスできます。

 首が下に伸びすぎて痛い人は、頭の下にクッションや枕を入れると、楽にできます。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.06更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

百円ショップでも売られている「フィットネスボール」を使って、体の歪みを解消して、姿勢を正す方法をご紹介します。

まずお尻の下にボールを置いて、そのうえに正座をします。

その際、お腹に力を込めて引っ込めながら、背筋と太ももが直角になるようにして、上体をまっすぐ正面を向いて引き上げます。

この状態が股関節に負担のかからない安定した座り方です。

背中や腰を反らせたりお尻を突き出したりすると、骨盤が前に倒れてしまうので注意して下さい。

逆に背中を丸めたりお腹をゆるませたりすると、背筋が曲がって骨盤が後ろに倒れてしまいます。

この座り方で背骨や骨盤の歪みも解消するので、デスクワークの際に行っても効果的です。

さらに、背筋を伸ばすストレッチで、ボールを頭の後ろにあて、両手で持って、強く押しつけながら、肘をゆっくり開くようにします。

顔を上げてまっすぐに正面を向くので、姿勢も良くなり、胸のストレッチにもなります。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.05更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

いろいろなエクササイズでよく利用されている「フィットネスボール」というものがあります。

百円ショップで売っているものは、やや小さめなので、仕事場や外出先でもこりほぐしができます。

首のこりをほぐす簡単な方法をご紹介します。

①まず仰向けになり、首の下にボールを入れて頭を乗せ、体全体をリラックスさせます。

3~5分間、この状態を保っていると、頭の重さが適度に作用して、ストレート気味だった首の骨が、湾曲状態に戻っていきます。

②続けて、フィットネスボールを首の後ろに置いた状態で、頭部を前後左右に動かします。

まず、自分のおへそを見るイメージで頭を前屈して、少ししたら今度は後ろに反らせます。

さらに一呼吸おいて元に戻します。

③次に頭を右に傾けて、少しおいて、逆に左に傾けて一呼吸おいて元に戻します。

②、③は各10回位を目安に行ってみてください。

この動作はすぐに緊張が取れて、こりもほぐれ、とても心地よくなりますので、「こっているな」と感じたら、1日何回でも行ってください。

ただし、首に痛みがあったり、頸椎ヘルニアの症状がある人は専門医と相談してから使用してください。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.04更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

首や肩のこりには、ツボ押しやマッサージが有効です。

百円ショップで販売しているグッズを使って、より簡単にリンパを流すマッサージができます。

まずは中国伝承の「かっさ板」を使った方法です。

①かっさで、後頭部の髪の毛の生え際から肩にかけて、マッサージします。

②かっさの側面を使って、鎖骨から脇に向かってマッサージします。

③かっさで肩の外側から手首にかけてマッサージします。

次に「ストロングローラー」と呼ばれるグッズを使った方法です。

これは、手のひらで握ることのできる取っ手に、くるくる回る突起がついているグッズなので、体のいろいろな部分に押し当てながら刺激を与えられます。

体の反射区にあててグルグルマッサージすることで、血行促進になります。

「かっさ」と同様に、強く刺激しすぎると、肌を傷めることがありますので。十分に注意してください。

あらかじめ肌にスキンクリームなどを塗って滑りをよくしておくと、スムーズに行えます。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.04更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

首こりに効果がある「リンパマッサージ」ですが、リンパを流すには「かっさ」が最適です。

かっさは古来より中国に伝わる優れもので、美容にも健康にも効果がある、使い勝手の良い「美容&癒やし」グッズです。

方法としては、中国伝承のかっさ板を使って、皮膚をこっすって血液やリンパの流れをスムーズにし、体液のめぐりを整えるというものです。

これがここ数年、美容に関心の高いセレブの間で秘かなブームになっています。

この「かっさ」も百円ショップで販売しているので、肩や、首のツボを押したあとに、血液やリンパをスムーズに流すために活用できます。

指先でさするよりも、力を使わずに手軽にできます。

ただし、顔や頭は皮膚が弱くデリケートなので、傷つけないために、オイルやクリームなどの滑剤を塗ってからマッサージを行うようにしてください。

また、1日10分程度を目安にして、マッサージ後は化粧水などでお肌を整えて、もし肌や体に痛みや異常を感じたら、すぐに中止して医師に相談することです。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.02更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

入社して数ヶ月の間は、上司や先輩から叱責されることが必ずあると思います。

どんなに優秀でも、最初からすべての仕事を完璧にこなすことは、現実的には難しいからです。

叱られるということは、あなたの人間性や能力を否定しているのではなく、仕事上のある行動が間違っているということを指摘されただけのことです。

あなたの仕事をより良くするためのフィードバックだと捉えればいいのです。

あとは同じミスを繰り返さないようにすることです。

上司から何を指摘され、自分はなぜそうしてしまったのか。

叱責されたことを注意深く受け止め、再発防止のために何をすればいいのか熟考するのです。

皆さんも考えてみて下さい。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.02更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

梅雨時は日照時間が短くなります。

そのため、洗濯物を日に当てることができなくなったり、湿度が高くなったりするので、細菌やカビが繁殖しやすくなります。

目には見えなくても、吸い込んだり皮膚表面についたりするとかゆみや炎症などが生じる場合もあります。

日に当たらなくなるのは人間も同じで、外出がおっくうになり動く量が減ります。

そうすると全体的なだるさ、体が重い、人と話したくない、会いたくないなどといった症状が出現し、気分がふさぎがちになってしまいます。

梅雨時の晴れている日はとても貴重ですので、もし晴れている日があるのであれば、日に当たるように心がけましょう。

布団干しをして湿気をとることも晴れの日は忘れないようにしましょう。

簡単なことを心がけるだけで、過ごしやすさがぐんと上がるので、梅雨の時期はぜひためしてみて下さい。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.01更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

春先の肌の乾燥は、舞い上がったほこりと強い風が主な原因です。

それ以外にも季節の変わり目で体内のホルモンが乱れていることもあります。

お風呂で洗いすぎないようにして、しっかり保湿することが乾燥を防ぐ方法です。

また、春の風邪には「葛根湯」がベストです。

飲む時は温かい飲み物がよいです。

本来は白湯にとかしますが、出先でない時は、お茶やミルクティーなどで大丈夫です。

飲んだら、マフラーやストールで首元を守ることが大切です。

ほんの少しでも寒気を感じたら、すぐにその場で服用しましょう。

また、温かいペットボトルで首や肩周辺にあるツボを温めると、せきや寒気も食い止めることができます。

暖かかったり寒かったりする季節ですので、自分の体をしっかりとケアしましょう!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.01更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

首や肩のこりの解消に、ツボ押しが効果的ですが、その際に強力な味方になってくれるのが「健身棒」です。

百円均一ショップなどでも販売されていて、一見何の変哲もない形ですが、これを使うとそれほど力を使わずに、的確にツボを刺激してくれます。

この棒の両端は、太さで2種類に分かれていますが、自分で試してみて、気持ちの良い方を使用してください。

ツボ押しは自分が気持ちがいいと感じることが基本で、ピンポイントでなくても周辺でも効果はありますし、押し方も自分に合った強さを選んでください。

通常は、優しい刺激は弱っている機能を回復させるとき、強めの刺激は痛みを抑えるときに効果的です。

強めといっても、自分に適した程度に、ほどほどにすることが大切です。

回数は1つのツボにつき6~8回が目安で、左右ある場合にはそれぞれ同様の回数を押します。

また押し方にもコツがあり、呼吸とリズムを合わせて押すということです。

息を吐いている時にゆっくりと押し、吸うときに力をゆるめるようにします。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

前へ