りぼん整骨院ブログ

2017.05.30更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

平熱というと、36~37度くらいを考える人が多いと思います。

人によっては平熱は違いますが、計測する部位によっても測定値は異なります。

熱は脇の下や舌下で測ることが多いのですが、病院などでは、直腸で計測することもあります。

熱は、外気と触れている部位ほど低いため、最も低いのは腋の下で計測した値です。

一般に、腋の下での計測では、36.2~36.3度くらいが平熱とされています。

外気に触れていない舌下や直腸で測ると腋の下より少し高く、35.5~36.7度くらいです。

このように測定する部位によって平熱は異なりますが、脳や心臓、内臓などがある体の深部の熱は、風邪をひいて微熱が出た時くらいの体温、37.2度くらいかそれ以上に保たれています。

ずいぶん高いなと感じるかもしれませんが、生命活動に欠かせない酵素が最も働くのがこの体温です。

反対にいえば、この体温より下がってしまうと、生命活動は低下し、活動が鈍ってしまうのです。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.30更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

全身の血の巡りが悪くなっている状態を、漢方では「気滞、菸血」といいます。

気が滞っていることを気滞、血が滞っていることを菸血といいます。

血が作られ、血が増えてくると、それだけで血流がよくなります。

しかし、血を増やしても血流がよくならない場合もあります。

ストレスの影響がある時です。

「気滞、菸血体質」の人は、ストレスに過敏な傾向があります。

体質が当てはまる、チェックしてみましょう。

・口の中に苦い味がする ・下痢と便秘を繰り返す ・偏頭痛がよく起きる ・喉に物がつっかえた感じがする

・生理前にお腹や胸がはる ・シミ、そばかすが多い ・ため息をよくつく ・慢性的な肩こりや頭痛がある

・生理前がひどい、塊がある ・顔や唇の色が暗い ・下肢の静脈瘤が目立つ ・ストレスに弱いと感じる

・イライラしやすい ・自分の感情がコントロールできない

心の状態では、イライラしやすかったり、感情をコントロールできないことが自分でもわかっているので、自分を責めてしまうことがあります。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.29更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です。

血が不足している状況を、漢方では「血虚体質」といいます。

女性の場合は特に、積極的に血の原料を摂る必要があります。

女性の血流は、そもそも不足状態になりやすく、さらに血液の原料となる鉄分も、日本人女性は不足しています。

「血虚体質」かどうかを判断するためのチェックをしてみましょう。

・動悸がする ・爪が薄い、割れやすい ・物忘れが多い

・顔色が白い、ツヤがない ・乾燥肌、カサカサ ・生理不順

・抜け毛、白髪が多い ・貧血、立ちくらみがある

・かすみ目、疲れ目がある ・眠れない、熟睡できない

・手足のしびれ、筋肉の痙攣がある ・耳鳴りがする

・不安になりやすい ・自分に自信が持てない

このチェックで、2つ以上当てはまる場合は、やや血虚体質の傾向があり、4つ以上当てはまる場合は、「血虚体質」だと考えられます。

体の状態では、婦人科系のトラブルが起こりやすく、心の状態では、不安を感じやすいのが特徴です。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.29更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

冬は上半身だけ暖房で温められて、下半身が冷える状態になりやすいですが、これがとても体に悪いです。

サーキュレーターや床暖房、ホットカーペットなどを利用し、部屋の下部を温められるように心がけましょう。

出かけるとき、足元はハイソックスやタイツなどで保温するのはかかせません。

マフラーや手袋にくわえてハイソックスも忘れないようにしましょう。

足がむくみやすい方は、ハトムギ茶をホットで飲むと、むくみがとれやすくなります。

また、冬は乾燥しやすい季節ですので、保湿が重要になってきます。

石けんを使ってゴシゴシ洗うのではなく、乾燥しやすいところはお湯でやさしく洗ってあげましょう!!

その後、ホホバオイルやワセリンなどをお風呂上がりの10分以内にぬるようにしてください。

乾燥しらずのうるうるお肌になれますよ!!

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.28更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

秋は、冷たい食べ物や飲み物は春までお休みします。

体を冷やすと冬の冷えが加速しやすくなってしまいます。

寒さと乾燥が始まる秋にオススメなのが、季節の野菜を煮炊きして火をとおしたものにたんぱく質をプラスして食べることです。

また、乾燥対策に、これまでより油分を増やします。

皮膚を乾燥から防いでくれる皮脂は、食事である程度摂取しないと皮膚表面まで潤してくれません。

太るのが怖くて油を避けていて、秋口になると乾燥して皮膚がかゆくなる、ひび割れる、化粧がのらないという方は、食事の中の油脂量を気をつけてみてください。

食事内容を見直して、トラブルのない肌を目指しましょう!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.28更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

東洋医学では夏場に汗をかくことによって気を発散させることが健康にいいとされています。

しかし、汗をかいた直後は皮膚表面が開き、外の邪気が入りやすい状態です。

現代人はクーラーや扇風機にさらされているため、風寒邪を気にしなければなりません。

しっかり汗をかいた後にクーラーや扇風機の風に当たりすぎたり、冷蔵庫で冷やしたものをたくさん食べたりすることは体によくありません。

冷房の害を防ぐにはやはりしっかりと発汗することが大切です。

40℃以下のぬるいお湯に入浴します。

暑くて嫌だという方は数日に1回でもいいのでやってみて下さい。

夏はなるべく汗をかきたくないと思いがちですが、しっかりと汗をかくことが健康には大切です!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.27更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です。

湿気が多いときに、体内の湿気を取り除くためには、豆類が有効です。

豆類・豆製品は、体内の除湿機と覚えておきましょう。

お風呂に入って発汗させるのも、体内の湿気を取り除くのに効果的です。

暑いと湯船を避けがちですが、しっかりとつかって発汗しましょう。

その後、扇風機などに当たると、逆効果なので注意しましょう。

汗をかいたら、タオルでしっかりと拭き取り、汗が引いてから服を着ましょう。

そうしないと、湿疹や冷えの原因となります。

起床時間は、日の出を参考に、少しずつ夏に向けて早起きしていきます。

梅雨時にオススメなのが、朝起きて片付け物をすることです。

家の中でもしっかり体を動かせますし、室内のカビをおさえ、部屋を清潔に保つことができ、一石二鳥です。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.27更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

健康に必要なのは生活習慣病をほんの少し変えることです。

習慣を変えることは最初からうまくいくことは少ないです。

「めんどくさい」というのは時間や手間がかかるからというわけではなく、今までやっていなかったことを習慣として生活に取り組むことへの抵抗感なのです。

動き始めればたいしたことはないのですが、始めるまでが大変なことが多いのです。

「やだなー」「めんどうだったなー」と思っても、とにかく一度ためすことが大切です。

最初からたくさんやろうとせず、できそうなことから生活に取り入れてみると、少しずつ体が変わってきますよ!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.26更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

夜遅くまで起きて人口的な光にさらされていると、それだけで自律神経失調に陥ることもあります。

アルコールやタバコも中枢神経を麻痺させる薬物ですし、冷たいものの食べすぎは消化器の自律神経の働きを悪くします。

甘いものを頻繁に食べると体重は増加しますし、太らないように気をつけようとすると栄養素のバランスが難しくなります。

生活習慣がおろそかになるだけで体内のバランスが崩れてしまいます。

このような体は崩れかけの建物のようなもので、台風がふいてくると倒れてしまうような状態です。

規則正しい生活習慣にすることで、自律神経が安定し、体内のバランスがよくなり、

結果的に天候に左右されにくい体をつくることができます!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.05.26更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

外因である六気は通常の季節の巡りであれば適度に存在するもので、問題を引き起こすことはありません。

ですが体内に入り込むと邪気となり、体調不良として表れてしまいます。

皆さんがよく引く「風邪」ですが、一般的には「かぜ」と読みます。

これを「ふうじゃ」と読むと六気の一つとなります。

他にも「風」がついてる病気はいくつもあります。

中風、破傷風、風疹、痛風など、聞いたことがある病気ばかりですよね。

あまり知られなくなったものとして「瘋癲」があります。

「瘋」「癲」は突然倒れて痙攣し、口から泡を吐く状態を表しています。

この2つの文字は本来、精神的な病にかかっている状態を表し、感情が爆発したり、ふらふら歩き回ったりする状態が「瘋癲」です。

病名に「風」が入っているこれらはすべて「風邪」が関連して起こる病=風病だと考えられています。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

前へ