りぼん整骨院ブログ

2017.04.24更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

脊柱管狭窄症を含めたすべての腰痛によくないのが、飛んだり跳ねたりする動作を伴う運動です。

ジョギングやマラソンは、腰痛の方にとっては、単に「歩くスピードを速めた運動」ではなく、「関節に余計な負荷を増やす運動」でもあります。

体重と地面からの反発による強い衝撃を何度も受けるため、メリットを期待するより先に、デメリットの方が心配です。

腰痛があるうちはやめておいた方がいいでしょう。

ゴルフやテニスなど、体の片側だけを同じ方向にねじる運動も避けた方が無難です。

このような動きを何度も繰り返すうちに、腰椎と骨盤のねじれが強くなり脊柱管狭くなっていきます。

熱心に練習をすればするほど、腰への負担が大きく、体の左右のバランスを崩すことになります。

皆さん気をつけましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.04.24更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

首のこりを解消するためには、エクササイズの他にも、首を温めることが大切です。

首が冷えると、筋肉が緊張して、自律神経に異常をきたすことがあるからです。

また風邪を引きやすくなります。

風邪を引くと、首の周りに布を巻いたりしますが、こうするとせきやくしゃみ、鼻水が収まるからです。

首を簡単に温めるには、濡らしたタオルを電子レンジで温めて、首の後ろにあてるようにします。

①タオルを水に濡らして軽く絞る

②電子レンジ(500W)で1分間加熱する

③温まった蒸しタオルを首の後ろに5分間あてる(その際、やけどに注意する)

オフィスなら、コンビニや自動販売機で温かいペットボトル飲料を購入して、首の後ろにあてるようにしても効果があります。

”ペットボトル湯たんぽ”として、首筋をなでながら移動させると、マッサージ効果もあり、こりをほぐしてくれます。

タオルやペットボトルを当てる場所は、うなじから首筋、肩にかけて、そして耳の下から肩にかけて、首の後ろと側面です。

試してみて下さい!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.04.23更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

皆さんは普段、どんな姿勢で立っていますか?

外を歩、屋内で普通に生活している時もできるだけ正しい姿勢を意識してください。

脊柱管狭窄症や腰椎分離症、腰椎すべり症の方が普通に立っている時は、ややそり気味でちょっと痛いくらいの姿勢が理想です。

歩く時の角度より、ほんのわずかだけ後方よりになった姿勢がいいということになります。

また、筋・筋膜性腰痛や椎間板症、椎間板ヘルニアのある方の場合は、歩く時と同じ姿勢でかまいません。

自分が1本の棒になった感覚で生活してください。

普段の生活から意識してやってみるようにしてみましょう!

理想の姿勢で生活しましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.04.23更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

交感神経の優位状態について、自分でできるチェック項目を上げていきます。

このうち5つ以上当てはまれば、自律神経が乱れていると自覚してください。

・頭痛がする ・耳鳴りがする ・目が乾きやすい ・目が疲れやすい ・肩や背中が凝る ・腰が痛い

・腕がだるい、または重い ・手足がしびれる ・猫背気味である ・背中に腕を回して、上下から組もうとしても組めない

・風邪を引きやすい ・アレルギー症状がある ・冷え性である ・太り気味である ・便秘気味である

・トイレが近い ・生理が不規則 ・生理痛がひどい ・疲れやすい ・肌が荒れやすく、むくみやすい

これらの症状を放っておくと、いつの間にか症状が進行していく可能性もあるので、専門家の診断を受けてください。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.04.22更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

歩いたり、座ったり、物を持ち上げたりというときに欠かせない腰の動きは、可動関節と不動関節、2つの関節がうまく連携することで機能しています。

腰においては、腰椎と腰椎の間にある「椎間板」のほか、腰椎と仙腸関節という名コンビも、体の荷重や外部からの衝撃を和らげています。

これらがスムーズに連携することによって、しなやかで正常な動きが可能になるのです。

ですから、腰痛対策を考える時は、誰もがすぐに思い浮かべる腰椎だけでなく、仙腸関節にも注意を払う必要があります。

日本人の約8割は、仙腸関節の不調を抱えている可能性があると言われています。

そのため、腰に痛みを感じたら、まず仙腸関節の機能不全を矯正すべきなのです。

なのでテニスボールを使った仙腸関節のケアを行うようにしましょう!

皆さんやってみて下さい!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.04.22更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

頸椎症とは、加齢によって頸椎の椎間板、関節などが変化して、骨棘(骨のとげ)の形成、靭帯の肥厚、椎間板の膨隆などが起こる症状です。

頸椎症では、神経(脊髄、神経根)の通り道である脊柱管や椎間孔(神経根が出て行く孔)が狭くなることがあります。

その症状によって2つに分けられますが、脊髄から分かれて上肢へゆく神経根が圧迫されて症状が出ることを「頸椎症性神経根症」、脊柱管のなかの脊髄が圧迫されて症状が出ることを「頸椎症性脊髄症」といいます。

中年から高齢の人で肩から腕の痛みが生じて、腕や手指の痺れが出ることも多く、痛みは軽いものから耐えられないようなものまで程度はそれぞれです。

「頸椎症性神経根症」の場合は、一般的に頸椎を後ろへ反らせると痛みが強くなり、腕の筋力低下や感覚の障害が生じることもあります。

診断は、X線で頸椎症性変化が認められると、MRIにより脊髄の圧迫を確認します。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.04.21更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

これは、テニスボールなしで、外出中でも仙腸関節をケアできます。

①仙腸関節の位置を確認

まず最初にお尻の割れ目の上の出っ張った部分に握りこぶしを当てる。

次に、握りこぶしの位置を逆正三角形の下の角として考え、最後にその逆正三角形の上側にある、残り2ヶ所の角に相当する位置を確認する。

②痛みがあるほうの仙腸関節を押す

まず、左右どちらか痛みがある方の仙腸関節の位置に、同じ側の手を当てる。

次に手の位置がずれないように注意しながら、反対側の脚を斜め前に出し、痛い方の脚を後方に置いたイスやベンチなどにのせる。

仙腸関節に当てた手を、斜め45度ぐらいの角度で押し込み、その体勢を10~30秒キープ。

回数の目安は特になく、少し痛いかなと思うくらいの刺激を与えると効果的です!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.04.21更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

神経の障害を引き起こす主な病気は2つあります。「頸椎椎間板ヘルニア」と、「頸部脊柱管狭窄症」です。

まず「頸椎椎間板ヘルニア」は、椎間板の中にある髄核が外に飛び出して、神経根や脊髄を圧迫することで起こります。

髄核が背中側に飛び出すと、首や肩、背中、指先に痛みやしびれ、重圧感があらわれます。

ただし、椎間板ヘルニアがあるからといって、必ずしも痛みやしびれがあらわれるとはいえません。

飛び出した髄核が神経にあたっても、避けるスペースがあると、それほど重症にはならないからです。

また、「頸部脊柱管狭窄症」は、脊髄が通っている脊柱管が狭くなって、中の神経を刺激することで起こりますが、

同様に逃げるスペースがあれば、痛みなどは生じません。

つまり、各症状とも、生活に支障が出るような自覚症状があるかどうかは、個人差があるのです。

具体的な症状は、MRI(磁気共鳴撮影)で診断するのが一番適切ですので、自覚症状の状態によって、

予後をどうするか、専門医に相談してみることです。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.04.20更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

このストレッチは特に、肩と首が前に出てしまう人に効果を発揮します。

スマホやパソコンを長時間使うような方にもぴったりです。

①肩甲骨の高さにボールをセット

肩甲骨の高さの位置に、あらかじめ用意しておいた2個のテニスボールを左右中央にくるようにセットする。

②1~3分間仰向けに寝る

テニスボールの位置がずれないように注意しながら仰向けに寝て、その体勢を1~3分間キープ。

回数の目安は、1日1~3回で胸を反らせるようなイメージで行うと効果的です。

もしテニスボールが手元にない場合は、きつく巻いたバスタオルで代用可能です。

ぜひやってみて下さい!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2017.04.20更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

副交感神経を上げるには体を温めるのが効果的です。

体を温める一番の方法は入浴です。

40℃前後のぬるめのお湯にゆっくり浸かってください。

熱いお湯にさっと浸かるだけでは体の芯まで温まりません。

自律神経が乱れていると血の巡りが悪くなり、内臓が冷えやすくなり、入浴時にしっかり温めていないと病気につながることもあります。

夏も冷房で冷えるのでシャワーだけでなく湯船にしっかり浸かりましょう。

仕事中に温熱シートやカイロなどで首を温めるのも効果的です。

ただし副交感神経が上がると眠くなるので注意してください。

逆に朝シャキッと目覚めたい時は熱いシャワーを浴びるとスッキリと目が覚めて活動的になれます。

毎日の中にぜひ取り入れてみましょう!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

前へ 前へ