りぼん整骨院ブログ

2016.11.29更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

骨盤は1日の中でも開いたり閉じたりしています。

さらに女性は整理周期によっても骨盤が開いてる時期、閉じている時期があります。

骨盤の開閉を行っているのは自律神経です。

なので自律神経が乱れると開閉がスムーズにできなくなってしまいます。

骨盤の歪みは自律神経のアンバランスにつながるのです。

さらにいうと、骨盤の歪みは背骨や首の骨にも影響するため、首を歪ませることでも自律神経のアンバランスを招いているとも考えられます。

骨盤の開閉が大きい方や、歪みやすい、という方は骨盤を整え、自律神経にもアプローチしてみましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.11.29更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

私たち動物としての人は、生物学的に恒温動物といわれて、外気温の変動にかかわらず、体温が一定に保たれています。

内臓などがある体の奥の体温は、酵素が最も活発に働ける環境である、37.2℃前後と体表近くよりも少し高めになっています。

この体温を保つことが、生きていくうえで非常に重要になります。

現在、平熱が36℃ちょっとというデータがありますが、50年前は37℃近くでした。

地球温暖化などといわれ、大都市を中心として気温が上昇している昨今、人間はむしろ、冷えてきているのです。

現代人に冷えが多いのは、貧しいながらのんびと暮らしていた時代と違い、毎日緊張を強いられる社会になり、多くの人が偏った生活に陥っているからです。

ストレスが多いと血液の流れが滞ってしまい、低体温の原因になるので気をつけましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.11.28更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

バランスボール運動は手軽に行うことができます。

「ながら」でもでき、楽しく体幹を鍛えることができます。

高齢者の方も行うことができますが、転倒には注意しましょう。

ではバランスボール運動を行う上での注意点を紹介します。

・危険なものはどかしておく

・空気は目一杯入れない

始めは座っているだけでOKです。

上下に弾んだり、上半身を不規則に動かすだけでも充分に運動していることになります!

皆さんも是非取り入れてみてください!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.11.28更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

体全体の体内環境は共通しているはずなのに、人によってさまざまな部位にがん疾患として現れてきます。

がんが、人によって特定の場所に現れてくるのは、いったいなぜなのでしょう。

がんを発症しやすい体内環境を作っているのは、働きすぎや心配事などのストレスが続いてしまうことです。

このストレスの影響を直接受けてしまう部位は、どうしてもがんが発生しやすくなります。

日本人に多い胃がんが、その端的な例です。

心配事や悩み事があったり、大事な仕事を任されて強い緊張がが続いていると、胃がきりきり痛むことは多くの人が経験していると思います。

胃はストレスで交感神経が緊張すると、筋肉への血流が優先され、胃腸は後回しになって、すぐに血流障害を起こしてしまうので気をつけましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.11.27更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

「すいかに塩をかけると甘みが増す」といわれていますがこれはなぜなのでしょうか?

味覚はさまざまありますが、味が脳に伝わる速さも味覚によって異なります。

例えば塩味は甘味より速く伝わります。

ですので、すいかに塩をかけると塩味を感じた後に甘味を感じ、さらに甘さが引き立つというわけです。

これは味の「対比効果」と呼ばれています。

あんこやおしるこ、甘酒などを作る時に塩を少量入れるのもこの効果を狙ったものです。

つまり、料理をうまくするためには、塩を使いこなすことが大切であるということです!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.11.27更新

体が冷えてしまうと、生命活動の根幹をなす酸素の働きが悪くなり、体内は不活動の状態で沈滞してしまうため、体調不良どころか、どのような病気にかかってもおかしくありません。

また、体が冷えた状態は、自律神経の視点からいうと、交感神経が優位になっている状況です。

交感神経の働きで心身が緊張状態になると、細菌やウイルスなどから身を守る免疫が低下します。

そのため、常在菌のように、普通なら免疫力ではねのけられる、それほど強くない病原菌にも簡単に感染してしまいます。

体温の低下は、あらゆる面で健康の維持にマイナスの作用しか及ぼしません。

昔からいわれるように、まさに、冷えは万病のもとなのです。

がんにとってありがたい体内環境は低い体温なのです。

ひんやりした適温の中で、がん細胞はどんどん細胞分裂をしていきます。

これにより、がんの下地がどんどん築かれるのです。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.11.26更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

最近気持ちをリラックスさせるためのアロマセラピーが流行っています。

匂いというのは鼻から入って電気信号となって神経を通り、脳の大脳辺縁系に送られます。

大脳辺縁系は本能的な情動をつかさどり、記憶や感情と密接に関係します。

ですので良い匂いをかぐと過去の楽しい記憶を呼び覚ますことにつながるというわけです。

アロマセラピーは免疫力や自然治癒力を高める効能もあるといわれています。

これは心がリラックスしストレスがなくなるからです。

逆に嫌な匂いを嗅ぐとストレスが増大します。

ストレスが溜まっているなと感じたら、自分の好きな香りを嗅いでリラックスしましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.11.26更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

がん検診は大きなストレスになります。

精密検査の結果を待つ間に、そのストレスから発がんすることもありえます。

発がんしたところには自覚症状などないという人は多いのですが、自分の体に敏感な人は自覚症状がある人もいます。

自覚症状の例として朝、目が覚めたとき、布団の中で温かいはずなのに、体の奥にひんやりした部分がある人もいます。

他にも次のような例があります。

食道がん…胸の辺りに粘膜が引っ張られるような感じがある。

肺がん…何もないのにせきが出た。

スキルス性胃がん…なにか呑み込んだ時、胃の壁にぶつかるような違和感があった

大腸がん…お腹が張った、便に悪臭があった。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.11.26更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

がん検診は大きなストレスになります。

精密検査の結果を待つ間に、そのストレスから発がんすることもありえます。

発がんしたところには自覚症状などないという人は多いのですが、自分の体に敏感な人は自覚症状がある人もいます。

自覚症状の例として朝、目が覚めたとき、布団の中で温かいはずなのに、体の奥にひんやりした部分がある人もいます。

他にも次のような例があります。

食道がん…胸の辺りに粘膜が引っ張られるような感じがある。

肺がん…何もないのにせきが出た。

スキルス性胃がん…なにか呑み込んだ時、胃の壁にぶつかるような違和感があった

大腸がん…お腹が張った、便に悪臭があった。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.11.25更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

子供は、身体内の水分の含有量が大人とは異なります

大人は60%が水で構成されていますが、幼児は70%、新生児は80%にも及びます。

汗などで失われる時は体重の割合ではなく、体表面積の割合で失われます。

したがって、体表面積の比率が大きな年齢の低い子供ほど、早急に水分が失われてしまうのです。

発熱、下痢、嘔吐、せきなどで体からいつもより多く水分が失われるときには、まず水分を多く、ゆっくりと与えることが必要です。

すると、体のバランスが整えられます。

子供を守るためには水分量に気をつけることが大切になるので、気をつけていきましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

前へ