りぼん整骨院ブログ

2016.09.12更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

現代の子供たちは、扁桃腺を腫らしたり、アデノイドになる病気にかかったりとリンパ球の過剰反応によって起こる病気が多くなってきています。

これは運動不足やお菓子やジュースの摂り過ぎなどの偏った生活が原因です。

体が副交感神経優位に傾き、リンパ球が過剰になってしまいます。

その状態で風邪をひくとリンパ球の過剰反応が起きて、鼻炎や鼻づまりになってしまいます。

またこの鼻づまりを治すには甘いものの食べすぎをやめ、運動をして体を鍛えるなど日常生活の偏りを見直すことです。

そうするとリンパ球の過剰反応を防ぐことができ、自律神経のバランスが正常に戻って鼻づまりから脱却することができます。

また、子供の鼻血もストレスによるものが多いです。

あまりに頻繁に出るでる時はストレスがなかったか、リンパ球が過剰に反応する体質になっていないかを考えてみてください。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.11更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

最近では、足の裏の角質を取る商品が大人気で特に若い女性はかかとの角質を取るケアを定期的にしています。

なぜ足の裏の角質は硬くなるのでしょうか?

足の裏には、あなたの日頃の立ち方、歩き方の歪みが表れているのです。

本来なら人は姿勢よく立っていれば、親指、小指、かかとの3点に均等に体重がかかるようになっています。

しかし姿勢が悪いと、それ以外の場所に過剰な力がかかるため、角質が硬くなったり、マメやタコができやすいのです。

足の形はどうでしょう?親指の根元が「くの字」に曲がったり、小指がぎゅっと内側によってないですか?

外反母趾は悪い姿勢によって悪化します。

足を床につけてみて、つま先が床につかずに浮いている人は本来体重がかかるべきつま先はほとんど使われてはおらず、常に浮いた状態になっています。

これを浮き足といいます。

子供や若い人に、特に増えてる症状なので気をつけましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.11更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

最近便秘に悩まされているという人は意外と多いと思います。

20代、30代で便秘になるのは、仕事の忙しさや悩み事などによって交感神経が緊張状態となっていることが多いです。

肉類や甘いものを食べるより、野菜や海藻、きのこ、未精白の穀物を食べることで、消化管の働く時間が長くなり、便秘改善につながります。

また、便秘薬を頻繁に飲むのはやめましょう。

便秘薬は原因を追究したうえで飲まないと、根本的な解消にはなりません。

頭痛薬などの鎮痛剤は交感神経を刺激するので激しい便秘をおこしてしまいます。

痛み止めの薬もなるべく控えた方が良いです。

普段食べているものを見直してつらい便秘を解消していきましょう!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.10更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

姿勢を良くするには、意識と環境の両面から、習慣を変えることが大切です。

特にデスク環境を見直すと、正しい姿勢を楽に維持できます。

とはいえ、オフィスなどのデスクは同じ形のものばかりです。

イスは多少高さの調節ができるものの、与えられたデスクとパソコンに体を何とか合わせ、毎日無理な体勢でパソコン作業をしている人が多いと思います。

この際、デスク周りの環境を変えて、自分の体を守りましょう。

ためしにパソコンのモニターの中心を目の高さに合わせてみてください。

イスに座った時に目の高さにモニターが来るとどうですか?自然と状態が起きて、姿勢が良くなります。

もし姿勢のことを考えるならデスクトップ型のパソコンを使い、さらにモニターを目線と同じ高さにしましょう!!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.10更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

いびきをかいて周りの人に苦情をいわれて悩んでいるという人も多いですよね。

いびきを消すポイントは、上半身を鍛えることです。

筋力が弱い人は、筋肉のしまりがなく弛緩してしまうため、いびきにつながります。

筋肉を鍛えるためには、するめなどのかたいものを食べたり、口をあける運動や、首の運動をします。

顔、首、肩が鍛えられると、筋肉の力で呼吸器をしめることができるようになり、いびきが消えていきます。

また、横向きで寝るといびきがでやすいのであおむけで寝るようにしてみてください!

<上半身を鍛える体操>

①大口体操

「あ、い、う、え、お」と大きく口を開き、顔の筋肉を鍛える。

②腕振り体操

足を肩幅にひらいて、腕を後ろに振る時に力を入れ、その反動を利用して振り子のように腕を振る。

簡単ですので是非やってみてください!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.09更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

最近は高齢者だけでなく、40代、50代の働き盛りの人が白内障や緑内障になってしまうことが増えています。

目の病気は生き方の無理が原因になっているとされています。

無理をしすぎることで血流不足になります。目は血液不足にとても弱いのです。

その証拠に50代で白内障になる人は夜遅くまで働いている人が多かったり、年配の人の場合はロキソニンなどの血流を悪くする薬を飲んでいる人が多いです。

また血圧薬も血流を悪くするので、高血圧の人は目の病気になる人が多いです。

最近疲れるなぁ、血圧の薬を飲んでるけど大丈夫かな?と思う方は、お風呂に入ったり、軽い体操をして血行をよくし、目の病気を予防しましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.08更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

年齢を重ねると共に歯の病気は増えてきます。

歯が白さを失ったり、もろくなったり、歯茎の色が悪くなったり。

血液がしっかり循環していれば歯茎はピンク色で歯の組織は維持されます。

血流が悪いと歯茎の色が悪く歯の組織を維持できず歯周病となって歯が抜けてしまいます。

ですから入れ歯になるような人は顔全体の血流不足に陥ってしまっているということになります。

顔色が悪くて歯や目、髪の毛が細くなる人も血流不足によるものです。

こういった症状が見られる方は、上半身や首の体操をやって顔と脳に血流を送りましょう。

そうすることで永久歯を生きている限り使うことが出来るようになりますよ!!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.08更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

データ入力、書類作成など、パソコンを使った座り仕事が中心の人は膝が慢性的に曲がり背中の、特に上側丸まる典型的な猫背になってしまうケースが少なくありません。

仕事だけでなく日常生活で頭を下げた体勢でいる時間が長い人も要注意です。

いわゆる猫背の姿勢は肩こりや頭痛に悩まされるだけではありません。

この姿勢でいると呼吸が浅くなることも問題で、浅い呼吸を放置すると様々な生活習慣病を招いてしまいます。

座ることは長時間にわたってとらざるえない姿勢だからこそ、正しい座り方で体への負担を少しでも軽くすることが重要です。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.06更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

肩や腰に痛みがあったり、頭痛がするからといってすべて背骨の歪みが原因とは限りません。

背骨の圧迫骨折や椎間板ヘルニアなど整形外科的な処置が必要な病気の場合もあります。

骨のガンや、内臓の病気が原因で関節などに痛みが現れることもあります。

急激に痛めば誰でも注意しますが、慢性的な痛みはどうしても放置しがちです。

注意しておきたいのは動いた時に痛むのではなく寝ていても痛いなど動作に関係なく痛む時です。

手足にしびれを伴う痛みや、やたら汗が出るときなど、深刻な病気が原因かもしれません。

早め脳神経外科や整形外科、内科で受診し検査を受けるようにしましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.06更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

人間にとって理想的な体温とは36.5度なんです。

日中元気よく働いて、夜はぐっすり休むというリズムが出来ている人の体温はちょうど36.5度です。

休まず忙しくしている人は体温が高めで、逆にのんびりしている人は体温が低めです。

体温が36.8度とでたら忙しくしている、36.2度とでたらのんびりしていると思ってください。

また体温が低くなる原因は夜更かしも関係あります。

夜更かしが続くと日中の体温があまりあがらず、朝起きて昼過ぎまでぼんやりしてしまいます。

早めに寝て、朝活動的になると体温は高くなります。

体温を上げると免疫力が高まり、病気しにくい体になります。

低体温で悩んでる人は日常に運動を取り入れて筋肉を鍛えましょう。

若い女性の間で、ヨガやエアロビなども人気な運動ですよね。

冷えは万病の素、ともいわれますので、体温を上げて病気知らずな体になりましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

前へ 前へ