りぼん整骨院ブログ

2016.09.19更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

湿度も心地よい睡眠にかかせないポイントになります。

ベストな湿度は50~55%です!

ではどのようにして湿度を保てばよいのでしょうか。

まず夏は湿度と気温が高いので、エアコンを利用する時に気温だけでなく湿度も中心に設定していきましょう。

次に、冬は乾燥しがちになるので加湿をしましょう。

濡れタオルを干したり、加湿器をつけたりすることで湿度を保ちましょう。

ここで、注意が必要なのは加湿のしすぎも良くないということです。

朝まで加湿器をつけてしまうと、朝は気温が低く室内の水蒸気が冷やされることで湿度がどんどん上がります。

高すぎる湿度はカビの原因となり、体調を崩す要因になってしまいます。

50~55%に湿度を保って、良い睡眠環境を作りましょう!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.17更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

筋力トレーニングが体にいいというと、まじめな日本人は毎日欠かさずトレーニングをしてしまう人が多いですがトレーニングのしすぎは禁物です。

筋肉を鍛えるということは、別の言い方をすれば筋肉細胞をわざと傷つけるということでもあるのです。

筋肉が鍛えられるためには、トレーニングによる損傷とそれを修復するという2つの行程を経ることが必要だということです。

毎日のトレーニングが逆効果になるというのは、修復期間にも損傷が行われてしまうからです。

理想的な筋トレは3日に1回程度です。

これだと、傷ついた筋肉細胞が休みの2日間に修復されるので、筋肉細胞にかかるストレスが最小限度で済みます。

はじめのころは急に高負荷を体に与えないように適度な重さからはじめ、無理のないようにやりましょう!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.17更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

心地の良い睡眠をとるための条件とは何でしょうか?

まずは「温度」です。

夏は26℃、冬は17℃に室温を保つことがベストです。

しかしエアコンをつけたまま寝ることに抵抗がある方も少なくないと思います。

そこでタイマー機能を使うことをオススメします。

タイマーを3時間に設定してください。

なぜ3時間かと言うと、寝入ってから3時間の時間帯に疲労を回復させてくれる「成長ホルモン」がでるからです。

最適な温度を3時間保って、良い睡眠がとれるようにしましょう!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.16更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

体調不良の原因が仕事であるという方は大勢います。

嫌々やる仕事中の姿勢は当然悪くなり、それが不調につながります。

ストレッチなどで体と向き合う時間を日常的に持てば、「今日は体が柔らかいな」「今日は少しかたいかな」と気づくことができます。

大切なのは、なぜ今日はいつもと違うのかを考えることです。

嫌な仕事があったのか、苦手な人と会ったのか、誰かとけんかをしてしまったのか…

そんなふうに体を見直す時間は自分の人生を見直す時間でもあります。

健康に対する高い意識を持つような指導がまだまだ足りてないように思います。

その結果、自分の不調をそのままにしてしまう人があまりにも多いです。

「不調は取り除くことができます!」

これらは姿勢改善で取り除くことができるので意識して生活しましょう!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.16更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

虫に刺されると真っ赤に腫れ上がる人とそうでない人がいますよね。

色が黒い人はリンパ球が少ないため反応がおきず、色が白い人はリンパ球が多いため反応が出やすくなってます。

また、リンパ球が多いと、日焼けで腫れ上がったり、寒さでくしゃみがでるなどいろいろなものに過敏に反応しやすくなっています。

もし、そのような人で甘いものが好きな人は要注意です。

甘いものは、リンパ球増やす力があるため、更に反応が出やすくなってしまいます。

虫さされのほかにもあせもやヒビなどの肌トラブルがくり返すようであれば、リンパ球過剰のため自律神経のバランスが崩れていると思ってください。

そんな時は食生活に偏りなかったか、甘いものを摂り過ぎていなかったかを見直してみてください!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.15更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

運動が体にいいことを知らない人はいないと思います。

ですが実際には運動を始めたものの、長続きしなかったという人が多いのではないでしょうか?

姿勢の良くない人に、運動が苦手な人が多いのは、姿勢が悪いと体の動きに制限がかかるからです。

ですから、姿勢が悪いまま運動習慣をつけようとしても、その努力はあまり報われません。

まずは姿勢を正し、効率よく動かせる体を作ることが先決です。

姿勢が良くなり、正しい歩き方、走り方ができるようになると、運動は苦しいものではなく楽しいものであることが体でわかってきます。

運動習慣がつくと、体を動かすための筋肉も発達してきます。

さらに関節の動きも良くなり、運動するのが楽になります。

加えて体を支える筋肉が鍛えられると、正しい姿勢も維持しやすくなります。

姿勢と運動の間にとても良い循環ができてきますよ!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.15更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

不整脈とは心臓が血液を送り出すリズムが乱れて、脈拍が多くなったり、少なくなったりすることです。

心臓に負担のかかるような生活をしていて血流障害が起こると、不整脈があらわれてきます。

不整脈を治すには、血流を良くすることです!

職場で何か辛いことがあった、夜遅くまで残業しているなど、体に大きな負担がかかると不整脈が表れます。

そのほかにも、睡眠不足や運動不足、過度の飲酒などの乱れた生活リズムも原因となってきます。

もし不整脈に気づいた時は、お風呂にゆっくりと浸かって体を温めたり、ストレッチなどの軽い運動をしたりと、対策をしましょう。

不整脈は体からの異状のサインです。

体からのサインに気づかず、薬ばかりに頼ってしまうと、ずっと治らないままになってしまいます。

少しでも変だなと感じたら、まずは生活を見直してみましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.13更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

日頃から、自分の呼吸を意識しているという人は、そう多くないと思います。

姿勢が悪い人は、肺の圧迫で呼吸が浅くなり、体が慢性的な酸素不足に陥ってしまいます。

酸素不足といっても、息苦しいなどの症状がでるわけではありません。

しかし、酸素を必要としている細胞はたくさんあります。

酸素が足りないと細胞が活性を失い、様々な不調の原因となるのでできるだけ深く呼吸をする必要があります。

姿勢が良くなると、肺の圧迫がなくなり、呼吸が深くなります。

酸素が十分に取り入れられ、体が若返るだけでなく、気分的な不調からも解放されます。

深い呼吸をするにはめいっぱい鼻からゆっくり息を吸い、吸うのにかかった3倍息を止め、吸った時間の2倍かけて口から吐くといいです!

是非やってみてください!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.13更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

50代の働き盛りの人が脳卒中になり、半身不随になったり、麻痺が残ったり、最悪の場合、死にいたることもあります。

このようにならないためにも前触れにいちはやく気づくことです。

一番多いのは発症する前に肩がこる、こむらがえりをする、頭が重い、頻繁にしゃっくりが出るといった、頑張りすぎからくる筋緊張状態が続きます。

顔色が悪くなるのも1つの前触れです。

自分の体に限界を感じたら無理にでも休まないと、とり返しのつかないことになってしまいます。

もし発症した場合の対処法としては、血流をよくすることです。

そのために血圧を下げる努力をすることが多いですが、これは意外と危険なんです。

体に麻痺が残ったり、障害が残ったりすると運動量が減ってしまいます。

そうすると自然に血流は下がってきます。それにさらに薬で下げよういうのは行きすぎです。

体を温めて、動かせる箇所を動かし、血流を良くすることで再発は防ぐことはできますし、前触れに気づくことで発症を防ぐことができます!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.09.12更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

睡眠は健康を支える大切な柱です。

寝る時の環境や姿勢を考える前に、まずは睡眠の質が十分かどうかを見直しましょう。

仕事が忙しくて、いつも4時間くらいしか寝てないよと、ため息をつく人をよくみかけます。

バリバリ仕事をこなす、やり手の印象与えますが、果たしてどうなのでしょう。

十分な睡眠をとらないと、健康に大きな害がでます。仕事のミスも増えます。

ショートスリーパーとは自分の健康と時間を、仕事に切り売りしている人です。

それがいけないわけではないですが、短時間睡眠が健康を害するという事実は心に留めておいてください。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

前へ 前へ