りぼん整骨院ブログ

2016.05.31更新

岩手県盛岡市りぼん整骨院の高橋です。

皆さん体を柔らかくしようとして頑張っているのに効果がでない。そんな人はストレッチのやり方が間違っているかもしれません。

間違ったストレッチは効果がないどころか逆効果で体を傷めたり硬くしてしまう原因になります。

そこで今回はストレッチの効果を引き出す5つのポイントを紹介します。

①筋肉の温度を上げる

シャワーなどの温水、軽い体操、ジョギングなどで筋肉の温度を上げてから行うと無理なく伸ばせて効果的です。

②伸ばす時間を守る

静かにゆっくりと反動をつけずに行い筋や健に程よい緊張が感じられたところで動かすのをとめて10~15秒保持します。

③痛いまで伸ばさない

痛みのレベルは「痛気持ちいい」ぐらいでもだめです。それの手前でやめましょう。痛みがあると筋肉が緊張して逆に硬くなってしまいます。

④呼吸

体をグーッと伸ばすときは息を吐きながらやります。自然な呼吸ができない、力が入ってしまうという人は大きく息を吸ってからポーズに入り体を伸ばしながら息を吐きましょう。

⑤1日に行う回数を決める

大体の目安は1日3回程が良いでしょう。無理のない回数を設定して継続することが重要です。

是非やってみてください!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.05.30更新

岩手県盛岡市りぼん整骨院の高橋です。

冷え性改善に最も効果のある入浴法「333入浴法」今回はこちらを紹介します。

9分の入浴で30分のジョギングと同じくらいのカロリーを消費できるのでダイエット効果にも期待できます!

熱めのお風呂に肩までしっかりと入ることで体に圧力がかかりお風呂から出たときに一気に血流がよくなりますこれを繰り返すことで30分ジョギングしたのと同じくらい消費されます。

1回の入浴で変化を感じられることができすぐに効果を実感できるのが嬉しいところでやり方も簡単です。

41~42℃くらいの熱いと感じるくらいのお湯に肩まで3分浸かります。次いでお湯から出たら体を洗ったりなどして3分間過ごしましょう。

そしたらまたお湯に3分浸かるというのを3セット繰り返します。熱めのお湯に肩まで浸かる(3分+3分)×3セットこれがポイントです。

☆注意して欲しいこと

高血圧や心臓病などを抱えている人はやめてください。

湯あたりに注意しましょう。

お風呂前、後に水分補給を忘れないように。

これらに気をつけながら是非試してみてください!!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.05.29更新

岩手県盛岡市りぼん整骨院の高橋です。

普段何気なく食べている「柑橘類」。

実は美容と健康に期待ができます。

美肌には「みかん」などの柑橘類がとても良いです。

ビタミンCとビタミンPを豊富に含み、シミ・そばかすの原因とされているメラニンを抑えます。

またコラーゲンの生成を促進して、お肌の調子を整えてくれると言われています。

お肌のケアには、ビタミンCをとって内側からよくしていきましょう!

柑橘類は果物の中でも抗酸化物質を非常に多く含み、ダメージから細胞を守る働きはアンチエイジングにつながります。

ビタミンCは血管を通して体中に運ばれます。

皮膚に到達するのは全体の3%ほどといわれているので、美白・美肌を目指すなら、カラダの中からにプラスしてスキンケアで取り入れるのがオススメです。

ダイエット、肥満防止にも効果があります。

お値段も手ごろなため、毎日ダイエットを続けていくには特にオススメできる果物でしょう。

前にも紹介しましたがホットレモンウォーターのダイエットは海外でも流行っています!!

高血圧にも良いです。

柑橘類に含まれるノビレチンが、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを助ける効果があるとされています。

血糖値の安定が血圧コントロールにもいい効果をもたらすと考えられています。

摂取の方法はいろいろありますが、焼き魚や揚げ物にかけるのが一番簡単だと思うので、ぜひやってみてくださいね!!

 

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.05.27更新

岩手県盛岡市りぼん整骨院の高橋です。

湿布にかぶれやすくて困っているという方、個人差はありますが効果が出る人もいるので試してみてください。

市販の湿布は必ずかぶれるので外科でもらう刺激が少ない湿布でも貼り続けるとかぶれてしまう。治療のために湿布をしたら湿疹ができてしまうって悲しいですよね。

湿布を貼り続けていてかぶれる原因のひとつがあのスースーした成分です。皆さんは湿布をはがしてすぐにお風呂に入っていませんか?

湿布をはがしても30分くらいはスースーした成分が肌に残ってしまいます。そのスースーした成分がお風呂の雑菌を皮膚から取り込んでいるのでそれが原因でかぶれる人が多いそうです。

なので湿布は入浴の30分以上前にはがしてください。あくまで個人差がありますので注意してください。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.05.26更新

岩手県盛岡市りぼん整骨院の高橋です。

「食べてすぐに横になると牛になる」一度は耳にしたことはあると思います。横になると胃によくないとか食べてすぐ寝ると太るというように考えてました。

ことわざの解釈としては食事をした後に、すぐ横になったり、眠ったりするのは行儀が悪いのでそのことを戒めた言葉です。ことわざに限ればお行儀の話です。

でも「牛になる」って言葉のせいか、太る、なんとなく胃に悪いそんなイメージがわいてしまいますよね。実は、胃に悪いどころか体にプラスで働いてくれくれるそうです。

医学的に考えると、食べた後横になるのはむしろおすすめで、食後はゴロンと右わき腹を下にしておくと消化の促進になるようです。

食べた後は、食べたものがしっかり分解されるように安静にするのが1番!ですが睡眠はやめましょう。

食事の直後に睡眠をとると体に負担をかけてしまい老化を促進させます。2~4時間は起きていた方が体に良いのですぐ眠くなるのはわかりますが、気をつけましょう。

逆流性食道炎の方は注意してください。胃酸が逆流することで食道に炎症を起こしてしまうので注意しましょう。

これに気をつけてやってみてください!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.05.23更新

岩手県盛岡市りぼん整骨院の高橋です。

「腹八分に医者いらず」と言う言葉があります。お腹いっぱいになるまで食べずに腹八分目までに抑えておけば健康にも美容にもいいことだらけです。

まず老化を防いでくれます。カロリーを制限するとサーチュイン遺伝子と言うものが活性化して老化する原因を抑え、体の様々な器官が若いままに保たれ美肌になります。

満腹になると胃に血液が集中する時間が長くなってしまいますのでそれにより肌の付近を流れる血液量が不足してしまい肌は栄養不足を起こしやすくなってしまいます。

さらに病気の発症を遅らせてくれます。細胞の機能不全によって引き起こされるガン、高血圧、脳卒中、心筋梗塞などの動脈硬化による血管障害、糖尿病のよぼうになりますので

腹八分目是非試してみてくださいね!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.05.22更新

「痩せたい」と思っているけどなかなかできないという人は少なくないはずです。

出産後に「以前の体型に戻りたい」と思う人も多いですよね。

しかし激しい運動を続けることは難しいですし、無理な食事制限は身体にも良くなく、お肌もボロボロになってしまいます。

また食事を抜くことで、逆に脂肪を吸収してしまいやすくなり悪循環になってしまいます。

どうすれば健康的に痩せることができるのでしょうか?

そこでおすすめなのが「骨盤矯正」なんです!

そもそもなぜ骨盤矯正が大事といいますと、骨盤は姿勢や運動に応じて体のバランスを調節している部分です。

骨盤のゆがみを上手に調節することで、スタイルアップやダイエットにもつながる上、更年期障害、冷え、むくみ、肩こりや疲れやすさといった悩みにも効果が期待できます。

詳しい効果としては、全身の血流がよくなって、筋肉が柔らかくなり、神経が解放されます。

これらの効果がダイエットだけではなく様々な効果につながります。

循環がよくなることで、冷えやむくみが改善されます。

それにより代謝がよくなるので脂肪が燃えやすくなり、ダイエット効果がアップします。

内臓の働きがよくなるので、便秘が改善されます。

古いものを除去し、新しいものを取り入れる力が高まるので美肌が手に入ります。

肩こり、頭痛、腰痛が解消されます。

身体に負担の少ない動きができるので疲れにくくなります。

ゆがんだ骨盤を矯正することで、関連している骨や内臓の働きも元に戻り、体調の改善につながります。

りぼん整骨院は骨盤矯正も行っておりますので、是非いらしてください。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.05.21更新

いつも買って食べている干し芋を、自分で作れば安くてたくさん食べられますし、身体にいいこともたくさんあります!

そこで今回は「干し芋」の作り方を紹介しようと思います。

まずは干し芋のいいところをお教えします。

干し芋の食物繊維は、ごはんの約20倍あるといわれています。

たんぱく質と脂肪は少なく、カロリーはごはんの1/3なので肥満が気になる方でも安心です。

消化吸収がゆっくりで、太りにくい炭水化物なので、ダイエット中の甘いものとして食べるのはとても効果的!!

また干し芋は、焼いたり蒸したりしたときに比べると、2倍近くの量の食物繊維を効率よく摂取することができます。

カリウムにより血液中にたまったナトリウムを排出してくれる効果もあるので、水分を多く摂りながら食べると効率よく塩分の排出ができ、むくみの解消にもなります。

疲労回復を促すビタミンB1がみかんの2倍、ビタミンCも2倍ととても万能です!

 

☆レシピ

・蒸して作る本格タイプ

 1、さつまいもと100均のEPスライサーを用意し、気をつけながら角度をあわせて、スライサーのプラスチックと金属部を離します。

 2、さつまいもを水洗いして、上下を切り取ります。すじが残らないように注意しましょう。

 3、さつまいもを蒸していきます。圧力鍋を使って、たまご大サイズで10分くらい。普通サイズは15分くらいです。

   硬いところがないようにしっかり蒸してください。

 4、バターナイフや竹べらで皮をとります。やけどしないように気をつけてください。

   さつまいもは冷えないように、むく分以外は鍋にふたをしたまま置いておいてください。

 5、むいたさつまいもを台に置き、セッター部を少しおいて、あとは勢いよくカットします。

   カットしたら重ならないように干し網に並べます。

   返しながら好みの干し加減になったら出来上がりです。

 6、食べる時は軽くレンジで10~20分あたためるとやわらかくなります。

 

是非みなさんも試してみてくださいね!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.05.19更新

岩手県盛岡市りぼん整骨院の高橋です。

簡単に作れて使い勝手もいいたまねぎ氷。今回はこちらを紹介していきます。

たまねぎ氷とは、たまねぎを電子レンジで加熱してミキサーでピュレー状にしてから凍らせたものです。

たまねぎの効能は血液をサラサラにして高血圧を予防する、血糖値を下げる、代謝を上げる、冷え性の緩和、脂肪の取り除きなど他にも書ききれないほど様々な効果があります。

何で凍らせるの?そのままでもいいんじゃない?と思った方もいると思いますがピュレーにして凍らせるので食べた量がわかりやすく、1日50g食べると良いとされているたまねぎですが

たまねぎ氷なら1個が25g程なので2個食べればいいとすぐわかります。加熱して凍らせることでオリゴ糖が増え甘みが増し、さらに簡単に作れ手軽に使えます。

たまねぎ氷は約2ヶ月品質が変わらないのでたまねぎが安いときにまとめて作っておけば経済的です!

☆たまねぎ氷の作り方

①たまねぎは皮をむき、上側をは切り落とし底の芯を包丁で切り抜きます。

 ポリ袋にいれ、口は閉じずに耐熱皿にのせ電子レンジ600Wで20分加熱します。

②①を汁ごとミキサーに移しいれ、水200mlを加えてピュレー状になるまで撹拌します。

③製氷皿に流しいれラップをかけて冷凍。

④凍ったら取り出し、ファスナーつきの保存袋にいれ密封し冷凍保存します。

使い方の例として、煮物やスープなどにそのまま入れるだけで使えますし、解凍してからも使えます。

とても簡単ですので是非試してみてください!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.05.19更新

岩手県盛岡市りぼん整骨院の高橋です。

簡単に作れて使い勝手もいいたまねぎ氷。今回はこちらを紹介していきます。

たまねぎ氷とは、たまねぎを電子レンジで加熱してミキサーでピュレー状にしてから凍らせたものです。

たまねぎの効能は血液をサラサラにして高血圧を予防する、血糖値を下げる、代謝を上げる、冷え性の緩和、脂肪の取り除きなど他にも書ききれないほど様々な効果があります。

何で凍らせるの?そのままでもいいんじゃない?と思った方もいると思いますがピュレーにして凍らせるので食べた量がわかりやすく、1日50g食べると良いとされているたまねぎですが

たまねぎ氷なら1個が25g程なので2個食べればいいとすぐわかります。加熱して凍らせることでオリゴ糖が増え甘みが増し、さらに簡単に作れ手軽に使えます。

たまねぎ氷は約2ヶ月品質が変わらないのでたまねぎが安いときにまとめて作っておけば経済的です!

☆たまねぎ氷の作り方

①たまねぎは皮をむき、上側をは切り落とし底の芯を包丁で切り抜きます。

 ポリ袋にいれ、口は閉じずに耐熱皿にのせ電子レンジ600Wで20分加熱します。

②①を汁ごとミキサーに移しいれ、水200mlを加えてピュレー状になるまで撹拌します。

③製氷皿に流しいれラップをかけて冷凍。

④凍ったら取り出し、ファスナーつきの保存袋にいれ密封し冷凍保存します。

使い方の例として、煮物やスープなどにそのまま入れるだけで使えますし、解凍してからも使えます。

とても簡単ですので是非試してみてください!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

前へ