りぼん整骨院ブログ

2016.04.30更新

岩手県盛岡市りぼん整骨院の高橋です。

1日中歩き回ったり立ち仕事を頑張った日、ヒールの高い靴を履いた日なんかは足がパンパンで辛い...。という経験がある方も多いと思います。

むくみをそのままにしておくと、血液の循環が悪くなり、太い足になってしまいます。

 

そんなときは、足を高くして寝ることが良いとされています。

高さにもよりますが、足を10cm程高くして休むことは、身体にとってとても良いことです。

やり方も簡単で、足の下にクッションなどを置き、足を高くして寝てみましょう。

翌朝にはずいぶんとむくみが消えて楽になっていると思います。

寝相が悪くクッションの上に足を置いたままでは寝れないという方は、ドーナッツクッションの穴に足を通して寝れば、少しですが足を高く保てます。

なぜ足を上げると良いのかといいますと、人間は日中歩いていることが多いので、足の血液の戻りが悪く、足がむくんでしまいます。

足を高くすることで、その体液が戻り、むくみが解消されます。

足を高くして寝る効果としては、もちろんむくみ解消。むくみの大きな原因は下半身の血行不良です。

下半身はもともと血液の流れが悪くなりやすい環境にあるので、しっかりと血液を心臓に流し返さなければならないのです。

また足の位置を上げて寝るだけで、下半身のむくみが取れ、ダイエットにも効果があります。

 

足を高くして寝るときに、注意することは枕の高さです。理想としては10~15cm程。枕や座布団の上に足を置く程度で十分です。

あくまで自然な姿勢で寝ることが大前提となります。

これ以上の高さになると、足の付け根の静動脈が圧迫されてしまい、逆効果になってしまいますので注意して行ってくださいね。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.04.29更新

岩手県盛岡市りぼん整骨院の高橋です。

今回はホットレモンウォーターを紹介します!!

 

ところで皆さんレモンの効果は知っていますか?レモンは本当にすごいんですよ!

レモンは天然の殺菌薬として、皮膚トラブルの解決や内側から肌を若返らせるため、アンチエイジングやシワ、黒ずみ、やけどなどにも効果があります。

ホットレモンにすることで血行もよくなり、さらなる代謝アップ効果や冷え性解消、疲労回復にも効果があります。

レモンに含まれるポリフェノールには脂肪の吸収を抑え、身体の外に排出することを助けてくれる効果がありますので、肥満の予防にもなります。

またリモネンという成分も含まれており、リラクゼーション効果があるので、ストレス緩和にもオススメです。

さらに血液を浄化して流れをよくするので、動脈硬化や高血圧の予防にもつながり、腎臓機能も改善してくれます。

 

こんなにすごいレモンですが、これだけは注意してください!

まず1つ目に、レモンの中にはエナメル質を溶かす成分が入っているため、レモンウォーターを飲んだ後すぐの歯磨きは控えましょう。

2つ目に、レモンのように酸の強いものは、空腹時に飲むと胃の粘膜を荒らすおそれがあるので気をつけましょう。

3つ目に、腸を冷やし便秘を悪化させてしまうことがあるため、冷たいレモンウォーターを飲むときは気をつけましょう。、

 

〔作り方〕

カップ1杯の白湯にレモン半分の果汁を絞って加えるだけ!

身体を温めるシナモンやジンジャーパウダーを加えれば、よりダイエット向きになります。

毎回レモンを搾るのが手間なら、大さじ1杯の市販のレモン果汁でもOKです!!

どうしてもそのまま飲むのが酸っぱいようであれば、少しだけはちみつを入れても大丈夫です。

 

是非皆さん試してみてくださいね。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.04.24更新

岩手県盛岡市のりぼん整骨院の高橋です。

妙に塩味が欲しく感じるときと、甘いものが食べたいときって極端にわかれませんか?

今日はそんなときの身体の状態について書いていこうと思います。

 

味覚は動物の五感の1つであり、食する物質に応じて認識される感覚です。

塩味を欲しているときの身体は、だるいときややる気がないとき眠いときなど、身体が弛緩傾向にあるときだといわれています。

身体の防御機能、活動機能が下がり、自然と塩気のあるものが食べたくなります。

逆に甘いものを欲しているときの身体は、主に緊張しているときや気が張っているとき、精神的に不安定なときだといわれています。

要するにエネルギー不足のときに甘いものが食べたくなります。

 

身体はそのときに必要な味覚を自然に欲しています。

皆さん身体がその味を求めていたら、それは身体に必要ですので、摂取するようにしてくださいね。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.04.23更新

岩手県盛岡市のりぼん整骨院の高橋です。

もうじき5月。本格的に春らしくなってきましたね。

この冬から春への季節の変わり目に風邪が増えてしまいます...

病気にならないために、皆さん免疫力を高めていきましょう!!

そこで今回は、免疫力を高める「80℃バナナ」を紹介します。

「80℃バナナ」とはなんぞや??と思った人もいますよね?説明します!

ポリフェノール類や多糖類などが豊富に含まれているため、ダントツの免疫アップ効果があるといわれているバナナ。

温めることでその効果もアップするので、そのまま食べるよりも病原菌と戦う血液中の白血球の質が高まり、数も増えます。

なぜ80℃かというと、栄養効果も良く美味しさもあるのがこの温度だからです。

 

作り方

1、バナナの皮をむいて、縦半分にカットする。

2、グラニュー糖をフライパンの上にバナナの形に広げ、その上にバナナの切り口が下になるように並べる。

3、強めの中火でグラニュー糖がふつふつとキャラメル色になるまで焼く

  ポイントはバナナを動かさないこと!動かすと温度が下がってしまいます。

4、こんがりしてきたら、バナナをフライパンの端のほうに寄せ、できるだけキャラメルの部分に触れないように、フライ返しで裏返す。

5、両面を焼くことで完璧な「80℃バナナ」の完成です!

 

一旦温めれば冷やしてもOKなのでバニラアイスと練り合わせて食べても美味しいです。

簡単ですので是非ためしてみてくださいね。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.04.17更新

岩手県盛岡市のりぼん整骨院の高橋です。

最近はマラソンブームで走っている方も多いと思います。徐々に暖かくなってきて朝のジョギングが気持ちいい季節になってきました。

ダイエット効果も抜群な朝のジョギングをはじめてみませんか?朝のジョギングは良いことばかりなんです!!!

早朝にジョギングをすることは、誰も吸っていない新鮮な空気を全身にたっぷりと送ることができるという効果があります。

また早朝にジョギングを行うと、1日中代謝が高い状態が続きます。

そのため徒歩や階段の上り下りなどの日常的な運動で、脂肪が燃えやすくなります。

朝ジョギングをするとなぜ脂肪が燃えやすくなるのかというと、簡単に言えば何も食べていないからです。

食べていると胃にある炭水化物がまず最初にエネルギー源として使われてしまうので、脂肪が燃焼し始めるのがそのあとになってしまいます。

このことから朝走るときは、朝食を食べる前にしましょう。*

また朝の寝起きはとても水分不足です。必ずコップ1杯以上の水で水分を補給してから出かけましょう。

これは脱水症状になるのを防ぎます。走る距離と時間が長くなればなるほど、水分は多めに摂ってください。

ジョギングは続けることが大切ですので、まずは無理をせずウォームアップやクールダウンを含めて1時間くらいを目安に行いましょう。

 

*食べる前にとは言いましたが、あまり空腹な状態で走るのは血糖値が下がってしまうので危険です。

 お腹いっぱいに何かを食べるのはよくないので、バナナ1本くらいを目安にして、空腹なときは手っ取り早くエネルギー補給のできる食べ物を口に入れて 

 から走るようにしましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.04.10更新

岩手県盛岡市のりぼん整骨院の高橋です。

今日も、前回に引き続き簡単健康法を紹介しようと思います。

皆さんカラオケに行ったり、ドライブしながら歌ってしまったり、歌うことは好きですよね?

今回はズバリ歌うことです!!

歌を歌うことで寿命が延びるそうですよ。

しかも他の誰かと一緒に歌う人ほど、より一層寿命が延びるそうです。

複数人で合唱しているとき、鼓動がシンクロするため、なんとヨガと同じくらい健康によい鎮静効果を産み出しているそうです。

歌うことであなたのムードや幸福度・健康を向上させることができ、その効果は持続します。

是非試してみてくださいね。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.04.09更新

岩手県盛岡市のりぼん整骨院の高橋です。

今日も前回に引き続き、簡単健康法を紹介しようと思います。

今回は呼吸法です。

「4-7-8呼吸法」というものです。

まず口から完全に息を吐ききります。

そのあとに鼻から4秒間息を吸います。

そして7秒間息を止めます。

最後に8秒かけてゆっくりと息を吐き出します。

このとき首・肩・胸などの上半身は力を抜き、腰から下の下半身には力を入れるようにしましょう。

上半身の力が抜けると、深くてゆったりした呼吸ができます。

長く息を吐くことでリラックス効果が生まれて、集中力が高まります。

慣れれば段々ゆっくりな呼吸になり、修得することができれば1分で眠りにつくことも夢ではありません。

是非試してみてくださいね。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.04.04更新

岩手県盛岡市のりぼん整骨院の高橋です。

健康になりたいという方はたくさんいると思います。

そこで今日は3つの健康法のうちのひとつを紹介したいと思います。

それはスープです。

しかもいたってシンプルな野菜スープ。

作り方はかなりお手軽です。

にんじん、玉ねぎ、かぼちゃ、キャベツ、これらを一口大にカット(できれば皮つき)して煮込むだけです。

調味料は入れないそうです!!

アレンジレシピもたくさんあると思うので、是非教えてくださいね。

このスープにはファイトケミカルという、植物栄養素がたくさん入っています。

ファイトケミカルとは、端的に説明すると、体のさびを防いだり、内臓の解毒をしてくれる効果があります。

スープにする理由は、水から加熱調理することで野菜からファイトケミカルが溶け出すので、汁まで飲むスープであれば無駄なく摂取することができます。

簡単ですので是非試してみてくださいね。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.04.01更新

りぼん整骨院の小原です。

私も以前ひどい肩こりで大変でした。

今はだいぶいいですよ。

ひどい肩こりで悩んでいたときに、たまたま作ったガーリックチーズ。

これを頂いた数日間は調子が良かったのです。

にんにく=疲労回復の効果もありますよね。

このガーリックチーズは、とてもおすすめなので作り方をお教えしますね。

 

(材料)

・にんにく  4片

・オリーブオイル  適量

・クリームチーズ  200g

・塩  少々

・バケット 1本

 

(作り方)

①にんにくは薄切りにして、オリーブ油で焼く。(こんがりとローストする)

②ボウルに①を入れてこなごなにする。

③クリームチーズ、塩を加えて混ぜる。

④バケットを1cmに切って、トーストしてガーリックとチーズをのせる。

 

美味しく食べて、体の中から元気になりましょうね。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院