りぼん整骨院ブログ

2016.03.31更新

りぼん整骨院の小原です。

日に日に春の訪れを感じる、今日この頃ですね。

先日、ふきのとうが芽を出しているのを見ました。

山菜の美味しい季節になりましたね。

ばっけみその作り方をご存知でしたら、是非教えてくださいね。

旬の季節に、旬の食材を頂いて、旬は私たちの体に必要なものを季節ごとにあたえてくれます。

免疫力を高めたり、抵抗力をつけたり、丈夫な体作りにもなりますよ。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.03.29更新

岩手県盛岡市のりぼん整骨院の高橋です。

最近、目や鼻のかゆみ、くしゃみ、鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか?

そこで今日は、花粉症対策についてお話したいと思います。

 

花粉が飛びやすいのは、晴れや曇りで気温が高い日です。

また乾燥している日や風が強い日も特に注意が必要です。

外出の際はマスク、めがね(サングラス)、帽子を忘れずに身につけましょう。

マスクは内側を湿らせておくことによって花粉をシャットアウトできます。

めがねは目に入る花粉の量を大きく減らすことができるので、ぜひ試してみてください。

外出時の花粉ガードは徹底していても、家の中に花粉が入ってしまっては意味がありませんので、自宅での対策もしっかり行いましょう。

室内に入る際には手洗い、うがいを徹底しましょう。

空気清浄機を家に置くのも効果的です。

 

毎日行いたいこと

・外出先から帰ってきたときは玄関先で花粉を払ってから室内に入りましょう

・乾燥しているとアレルギー症状も出やすいので、湿度を適度(50~55%)に保つようにしましょう

 

洗濯

・基本的に室内に干しましょう

・お布団は取り込んだ後に必ず掃除機をかけるようにしましょう

 

掃除

・こまめに拭き掃除をしましょう

 

服装や髪型にも工夫を!!

ウール素材のコートなどは花粉が付着しやすいので避けるようにしましょう。

ナイロンなどの表面がさらさらした素材のものを選びましょう。

髪の長い方は髪に花粉がつくことを防ぐために、髪をまとめましょう。

 

バランスのよい食生活も大事です。

花粉症に良く効く食べ物としてヨーグルトなどが挙げられると思います。

しかし実はこのことは科学的には立証されていません。

今のところは「これを食べると花粉症が緩和される」という食べ物はありません。

しかしアレルギー反応というのは体調に大きく左右されます。

体調が良いときは症状が少なかったり、反応が起こりにくいことがあります。

したがってベストな体調を保つことは花粉症の症状を抑えるのに効果的であるといえるでしょう。

花粉症の時期は、意識してバランスの良い食生活を心がけるようにしてください。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.03.28更新

岩手県盛岡市のりぼん整骨院です。

頭痛が辛いときは薬を飲み、肩こり腰痛が辛いときは湿布を貼る。
そんな方がほとんどではないでしょうか?
痛みが酷い場合は、病院や治療院へ行くという方もいらっしゃるかと思います。

しかし、どの行為も「痛くなってから」動く解決策です。
「痛くならないように」事前に予防できるのであればそれに越したことはありません。

痛みが無い場合の身体のケアは、基本的に保険が適用出来ません。
マッサージ・整体をメインとした自費の治療にはなりますが
症状が酷くなってから複数回通院するのと比較すれば
定期的なケア程、経済的で身体に良い選択肢はありません。

歳を重ねるにつれ筋肉の衰えを感じてきた方
運動不足で、ケガもしやすくなってきたという方
仕事柄デスクワークが多く、いつも身体が疲れている方

当院の施術を受けることによって
日頃のメンテナンス・予防の必要性を感じて頂けると幸いです。

頭痛・肩こり・腰痛は、なるべく薬や湿布に頼らず
身体に良い方法で改善していきましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.03.09更新

岩手県盛岡市のりぼん整骨院です。

本日来院された患者さんが
「原因が分からない腰痛に悩まされている」とのこと。
「一番良い改善策は??」という相談を受けました。

片側だけ腰が痛むようで、特に痛めた原因も思い当たる節がないという患者さん。
腰痛というものは、意外にもまず片側に出ることが多いのです。
その後、片側の痛みを無意識のうちにかばって生活しようとするため
痛めていなかった反対側にも痛みを感じてきます。

そこで、患者さんの質問にも出てきた改善策について。
もちろん、安静が一番良いことは間違いではありません。

しかし、かばい過ぎて生活を送ると、次第に筋肉が落ちていってしまいます。
筋力の低下は、更に腰の負担にもなってしまうので逆に注意が必要です。

少し安静にして、ある程度、痛みが落ち着いてきたら、   
あくまでも無理をしない程度で日常生活に戻ることも大切です。
そして、小まめに全身を伸ばしてみたり、
腰を捻るような簡単なストレッチをしてみましょう。

家事や子育て・デスクワークで腰に負担を感じている方、
マッサージや整体院で慰安目的の施術を受けている方も多いのではないでしょうか。
「ちょっと疲れたから揉んでもらいたいなー」という程度では問題ないのですが
痛みが強くて私生活に支障をきたすレベルでは、マッサージや整体は危険です。

まずは日常的に小まめなストレッチを心がけ
あまりにもひどい症状は、当院のような整骨院で
慰安ではなく「治療を目的」とした正しい施術を受けることをお勧めします。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院