りぼん整骨院ブログ

2016.02.16更新

岩手県盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

整骨院では健康や美容のために食事のアドバイスもさせていただくことがあります。

ダイエットと食事は密接な関係がありますが、ただカロリーを減らせばいいという方法では、健康にかかる負荷が大きく、その割に効果が上がらないということがあります。

大切なのは食事のバランスや習慣です。

必要な栄養素を取りつつ、不要なカロリーを吸収しないようにするにはどうすればいいかという観点から、食事について考えてみたいと思います。

 

・同じ量を食べても太らない食べ方

急に食事量を下げることは身体にかかる負担も大きく、精神的な負担も少なくありません。

そしてダイエットの目標を達成し、食事を増やすとすぐにリバウンドしてしまいます。

 

ですので、同じ量の食事を食べても太らないようにするという考え方が、実は大切なのです。

 

『辛いダイエットより、効率的なダイエット。』

 

・三角食べを止める

小学校の時に三角食べをマナーとして教えられた方も多いと思います。

しかしこの食べ方によって、ご飯など炭水化物を先に食べると血糖値が急激に上がり、血糖値を脂肪が吸収する(太る)働きを手助けします。

 

これを、コース料理のように、野菜→肉→主食というように一品ずつ食べてしまうことで、ゆるやかに血糖値が上がるようにし太る機能を抑制します。

 

・時間帯

こちらはよく言われますが、夜食はいけません。

日中は体を動かすための作用が、日没後は栄養を蓄えるための作用が強く働きます。

太らないためには日中多めに食べ、夜中は軽く済ますというのが良いのです。

 

どのような食事が良いかは個人差があります。

健康的なダイエットを目指すなら、骨盤矯正などで代謝を良くすることもできますので、りぼん整骨院にご相談すると、効率的でツラくないダイエットができます。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.02.15更新

岩手県盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

ダイエットの手法として人気なモノの一つがダイエットサプリメントの使用によるダイエットです。

あれは効いた、これは効かなかったという口コミ情報はインターネット上に無数にあり、どれが良いのか、そもそも本当に効果があるものなのかという疑問を感じて迷うと思います。

 

そこで、ダイエットサプリとはそもそもどういう効果でダイエットに役立つのか、種類ごとに簡単に説明していきたいと思います。

 

①:糖質・脂質カットタイプ

食事やお菓子を食べる前に飲むことで、糖質や脂質の吸収を阻害して太ることを防ぐためのものです。

飲むだけで痩せるという謳い文句をしているものもありますが、カロリーを完全にカットするというものではもちろんありませんので、これだけで痩せるというのは難しいです。

 

②:食欲抑制タイプ

空腹感を抑えたり、満腹中枢を刺激して満腹感を感じさせたりして食欲を減らすサプリです。ただ厳しい以上の食事制限は身体の調子を崩す原因にもなりますので、一日の食事量を計算することが大切です。

 

③:排出(デトックス)タイプ

腸内環境を整え、排泄を促すことでダイエットにつなげるサプリです。

便秘がちな人に向いています。

 

④:脂肪燃焼タイプ

脂肪を燃焼させる効果を高めるものです。

運動をしなければあまり効果は期待できず、運動する前の補助として使うと良いでしょう。

 

大きく分けると、このような種類があります。

自分の体質やダイエットの方針に合わせて使用すると良いかと思います。

 

・最後に

サプリメントを使う方にぜ見ていただきたいホームページがあります。

国立健康栄養研究所が解説している、健康食品の安全性・有益性情報です。

 

<A Href="https://hfnet.nih.go.jp/" Target="_blank">健康食品の安全性・有益性情報</A>

 

サプリが効果があるのか危険性は無いかということを客観的立場から科学的根拠とともに示されていて、自分の身体に入れるサプリについて安心できますね。

 

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2016.02.02更新

岩手県盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

美しい身体を手に入れたいというのは女性も男性も共通の欲求だと思います。

自分をより良くしたいというのは素晴らしい考えです。

 

ダイエットは美容のために行われる一般的な方法でしょう。

現代人は食生活が豊かで運動不足になる傾向があり、ダイエットが必要だと感じられている方は非常に多いです。

 

ですが、健康を犠牲にしてまでダイエットを行うのは、治療家としてオススメできません。

無理なダイエットを行い身体を壊してしまったというケースもあります。

 

『健康と美容は両立する。』

 

この意識を、ダイエットを始める方にどうか持っていただきたいと私は思っています。

 

・ダイエットのための筋トレ

筋トレは消費カロリーという面からでは確かに効率的とは言えません。

また筋肉を鍛えるということは、長時間できるものでもありません。

 

ですが、インナーマッスルを鍛えることで基礎代謝があがり、痩せやすく太りにくい身体になります。

厳しい食事制限をかけるより、美味しいものを食べてもそれを消費できる身体を作ることの方が健康的にも精神的にもずっと良いのではないでしょうか?

 

・おすすめの筋トレ「プランク」

インナーマッスルを鍛える筋トレとしてプランクという筋トレを紹介します。

方法は、腕立て伏せの体勢から両肘を床につけて、そのまま30秒保持するというもの。

地味ですが結構筋肉に負荷がかかります。

これを毎日2~3回繰り返すだけでもインナーマッスルが鍛えられていきます。

 

健康な身体は美しい。

ダイエットは美容と健康、両方のために行うものではないでしょうか?

 

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院