りぼん整骨院ブログ

2015.11.21更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

四十肩(五十肩)による激しい痛みはとても不快なものですね。

それでも市販の湿布を貼って、我慢をしていれば自然治癒する……と考えていらっしゃる方は結構いらっしゃるのですが、これが四十肩はなかなかしつこいものです。

 

四十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」や「癒着性関節包炎」と呼びます。名称の通り、四十肩は関節炎の一種です。

炎症ですので自然に治ると思われるかもしれません。実際に痛みは消えます。

しかし、痛みというのは四十肩の症状の1つでしかありません。

四十肩になったあと、痛みはないのに肩が元のようにスムーズに動かなくなったという話は聞いたことがないでしょうか?

肩を垂直に上げることができないという状態は四十肩を放置したときの典型的症状です。

試しに腕を耳にピタリとつけることができるか試してみてください。できない場合は『関節拘縮』になっています。

 

『痛み≠四十肩(五十肩)』

 

・なぜ動かなくなるのか

『関節拘縮』とは、関節の可動域が制限されている状態で、『関節包の癒着』によって引き起こされています。

長期間、肩を動かさないようにしてしまうことで癒着してしまうのです。

また、インナーマッスルも衰え、根本的な『筋肉を正しく動かす力』までもが衰えてしまいます。正しく動かなくなると、単純な日々の生活による筋肉の使用だけでは歪みは広がるばかりで、四十肩が起こりやすい状態のままになってしまいます。

 

「我慢しよう。」と思わずに、お近くの整骨院などでしっかりとお身体を労ってあげることが、いつまでも元気な身体でいることにつながります。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2015.11.19更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

四十肩、五十肩という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

ポピュラーな言葉ですので、聞いたことがある方も多いかと思います。

 

服を着ようと腕を上げたら、洗濯物を干そうと腕を上げたらなど、そんな激しい動きをしたわけでもないのに肩に突発的な強い痛みが走り、そのままズキズキと痛みが続く症状を四十肩、五十肩と呼びます。

四十肩と五十肩という名称は、元々五十代によく見られる症状だったものが、パソコンなどの一般化で若年化して四十代にも見られるようになったために呼称が別れたもので、どちらも同じ症状を指します。今後は三十肩と呼ばれるようになるかもしれません。

その痛みは鋭く、「寝返りをうったら痛みが走り朝まで眠れなかった。」という患者様もいらっしゃいました。

 

『四十肩は突然来る!』

 

・肩こりとの違い

四十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」や「癒着性関節包炎」と呼びます。

肩こりは多くの場合筋肉の緊張から血行が悪くなっていることが原因です。

それに対して四十肩は、関節が炎症を起こしていることで痛みが発生しています。

 

関節は骨と骨とを接続している部位で、膜や液体の入った袋状になっています。

この膜が関節の動きが悪くなることで摩擦され炎症を起こしているのが、四十肩です。

 

・なぜ四十肩は起こるのか?

四十肩の原因は人によって個人差があるのですが、筋肉が衰えて歪んでしまったことが主な原因の1つです。

関節を動かすのは筋肉ですので、偏った動きによって特定関節部に負担がかかり、炎症を引き起こします。

 

特に背中が固くなっている肩は要注意です。肩甲骨あたりの筋肉の動きが無くなり、肩周りにある他の筋肉にばかり負担がかかってしまうことで、四十肩が生じてしまうのは典型的です。

 

つまり四十肩は背中のストレッチを定期的に行うことで、予防することができます。

 

『四十肩は突然くるが原因は日々の生活にある!』

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2015.11.17更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

寒さが厳しくなってきましたが皆様はいかがお過ごしですか?

寒くなるとお布団の温かさに幸せを感じてしまいます。朝起きる時に布団に恋しさを感じるのは私だけではないかと思います。

 

腰痛に悩む腰に取っても、睡眠は疲労と痛みを回復する時間です。

この時、腰をいたわる眠る姿勢を取ることで回復効果はより高まります。

 

・あお向けに寝るのがベスト

腰への負担という面で見た場合、天井を見ながら眠るあお向けに寝るが一番腰に負担がかかりません。

うつ伏せに寝ると、顔が左右に向くことで腰に歪みが発生しやすくなり、また腰が反りすぎることも腰に負担がかかります。

横向きの場合は、片方の肩が押し潰されることになるので、歪みが発生しやすくなります。

 

あお向けに寝れば、腰への負担をもっとも少なくして眠ることができるのです。

 

・強い痛みがあるときは注意

あお向けに寝るのが一番腰に負担がかからないのですが、すでにぎっくり腰などで強い痛みがあるときは要注意です。

背筋を伸ばすのが痛い場合は、無理をしてあお向けにならず、横になって痛みがないように身体をくの字に曲げて眠ったほうが良いです。

強い痛みが発生するということは、傷めている部分に負荷が掛かっているということですので、痛みのない形で眠ることが一番腰のためになります。

 

睡眠は何もしなくても身体を癒やしてくれる素晴らしいものです。

腰痛も睡眠の姿勢によって疲労の回復が変わりますので、整骨院で腰痛を改善した後、再発を防ぐためにも習慣づけると良いでしょう。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2015.11.15更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

皆さんの腰に痛みはありませんでしょうか?

腰痛は肩こりと同様、現代人にとっては共通の悩みです。

身近な痛みですが、疲れている時にぐぎっと激しい痛みが走る、『椎間捻挫』。通称『ぎっくり腰』と呼ばれる症状になってしまうことがあります。

 

・ぎっくり腰とは

ぎっくり腰は急性的に痛みが走るものですが、その原因は日々の生活で慢性的な疲労と歪みが腰に溜まってしまったことです。

スポーツや重い物を持ったことで急激に負荷がかかり痛みが起こることもありますが、そういったすぐに思い当たる原因がない場合は、お身体が今の生活を変えて欲しいという悲鳴をあげたのだと、たった一つしかないあなたのパートナーであるお身体のためにも理解してあげましょう。

 

・ぎっくり腰は癖になる?

ぎっくり腰は癖になるという話は良く聞きます。

ぎっくり腰の痛みは炎症によるものですので、治ってしまえば癖になることはありません。が、実際に同じ所を何度も痛めているという方は少なくありません。

 

考えられる理由のうち主なものが1つあります。

痛みが消えた段階で再び腰に負担をかけたことで筋肉や関節が治りきっていないこと。

ぎっくり腰の痛みは炎症による割合が大きくなっています。炎症は3日ほどで治りますので、痛みが軽減されたことで筋肉や関節が治りきっていないのに元の腰に負担をかける生活に戻ってしまうことで、腰にいつ爆発するか分からない爆弾を抱えたままになってしまうのです。

 

ぎっくり腰を自然治癒に任せず、整骨院など治療院でしっかりと改善することが、ぎっくり腰が癖にならないためには重要です。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2015.11.14更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

肩こりを感じた時に、とんとんと肩を叩くことは一般的です。

自分では叩きにくいのをもどかしく思い、誰か叩いてくれないかな?とぼんやり考えたりもします。

 

しかし、簡単そうに見える肩たたきは実は力加減を間違うと筋組織を破壊したり、血行不良につながり、余計に肩こりを悪化させてしまうことがあります。

しかも肩こりを引き起こした環境や習慣などは改善されていないため、以前よりもより症状が深刻になることすらあります。

 

・肩こりの原因を取り除くことが一番。でも簡単なことはでありませんよね?

肩こりの一番の対策は、なぜ肩こりが慢性化しているのか、原因をつきとめ、それを解決することで根本から改善することができます。

とはいえ、現実的にはなかなか難しいことです。

長時間パソコンに向かう仕事が原因で肩こりが起きている方に、パソコンに向かうのを辞めろというのは無理な話です。

 

根本的な解決にはなりませんが、症状を緩和する的確な方法を知ることで肩に優しくすることができます。

 

・首の力を抜く

肩こりと言うと、肩だけが原因に思えるかもしれませんがこりの原因は首にあることも多いです。

というのも、現代人と生活は首に負担をかけやすいものばかりです。

肩こりへの対策としてすぐにできるものには、休憩のときに首の力を抜いてリラックスさせると良いでしょう。

 

一見簡単そうですが、力を抜こうとすると、意外に力が抜けるイメージが分からないということもあります。

そういう場合は一度ぎゅっと力を入れて、そこからふっと力を抜いたときの状態が、「力が抜けた状態」だと憶えることで、リラックスした時に自然に力を抜くことができるようになりますよ。

 

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2015.11.11更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

肩こりは現代人全員の職業病といえるかもしれません。それだけ多くの方が悩んでいらっしゃいます。

あまりにも身近なので「放っておけば治る」と思っていらっしゃる方も多いのですが、放置していると痛みが悪化し、頭痛やめまいなどの原因になることもあります。

そうなると仕事の能率も落ち、終わらない仕事をなんとか終わらせようとさらに無理をして肩こりが悪化していくという悪循環に陥ってしまいます。

 

・思い当たりませんか?

重度の肩こりになりやすい方にはいくつか特徴があります。

 

○運動不足。

 

○睡眠不足。

 

○デスクワークが多い。

 

○生活が不規則。

 

○日常的に目を酷使する。

 

○運動の後でなくても身体に疲労感を感じる。

 

○ストレスが溜まっている。

 

○バッグをいつも同じ方に持つ。

 

いかがだったでしょうか?

これらの特徴に多く当てはまる方は、慢性的な肩こりの悪循環に陥っている、またはこれから陥る可能性があります。

 

・本当は怖い肩こり

そもそも肩こりとは、肩や首周りの筋肉が緊張し、血の流れが悪くなっている状態です。

意味もなく痛くなっているわけではなく、身体が今の状況を改善して欲しいと訴えかけているサインなのです。

たかが肩こりと侮っていると、頭痛やめまい、吐き気といった重い症状があらわれ、酷い時には起きているのも辛い状態になり寝込んでしまうこともあります。

 

・何だか集中力できない? 肩こりに原因があるかもしれません

首周りは身体と脳がつながる重要な部分です。

この部分の血のめぐりが悪い状態が続いていると、頭痛だけでなく集中力の低下やすぐにイライラしてストレスが溜まりやすくなってしまいます。

 

たかが肩こりとあなどらず、しっかりと身体を休ませてあげましょう。

 

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2015.11.10更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

骨盤の歪みは現代社会を生きる日本人なら、程度の差や自覚のあるなしはあれど皆様共通の悩みだと言えるでしょう。

歪んでしまった骨盤に対して治療院に通われるほどの即効性はありませんが、毎日蓄積されている骨盤の歪みをリセットして骨盤に優しいストレッチや軽い運動をご紹介します。

一日数分の運動ですが、やるとやらないとでは骨盤の状態に大きな違いができますので、骨盤の歪みにお悩みの方は是非お試しください。

 

・ストレッチする環境

方法に入る前にストレッチに適した時間帯についても少し説明します。

時間は寝る前、リラックスした状態が良いです!

なぜかと言うと、どんな方でも寝る前だけはリラックスした自分の時間が持てるからです。それ以外の時間ですと、いつも自分の時間が取れるとは限りませんので、習慣づけることができない場合があります。

ストレッチは身体の緊張がほぐれていることも大切です、また興奮や疲労しない程度に血行が良くなることで安眠と体力回復にも効果があり、睡眠前の習慣にすることは身体にとっても良いことになります。

 

・骨盤を廻すストレッチ

腰の幅くらいに足を開いて立ち、膝を軽く緩め、腰に手を当てながら大きく円を描くように腰を廻します。左右に30回。

簡単な運動ですが、これだけでも骨盤の状態をリセットするのに高い効果があります。

 

・骨盤から背骨までを伸ばすストレッチ

骨盤だけでなく背骨や背中の筋肉までを伸ばすストレッチです。

デスクワークが多い方には特に効果的です。

 

① 足を肩幅に開いて立ち、首の後ろに両手を重ねて天井を見たまま10秒静止

② 両手の甲側を頭の上に乗せ、肘を後ろへと引っ張り10秒静止

③ 伸びをするときのように背中で手を組み、そのままゆっくり上に上げていき、10秒静止

これを寝る前に3セット行うことで、デスクワークによる歪みが驚くほど回復していきますよ。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2015.11.08更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

当院でも出産後にボディラインが崩れてしまったという相談を患者様から受けることは多くあります。

出産でボディラインが崩れる主な原因が、骨盤が出産によってゆるんでしまい、骨盤に支えられている内蔵が下腹部にずれてしまうことで下腹部がぽっこりと出てしまうということにあります。

ゆるんだ骨盤は、ゆっくりと元の状態に戻っていきます。しかし、妊娠前から歪みが生じていたり、妊娠中に左右のバランスが歪んでしまうことは結構多いのです。このまま骨盤が締まっていくと歪みが固定化されてしまい、出産後ボディラインが崩れてそのまま……というケースよくあります。

 

ですが、出産後の骨盤が柔らかくなっている時期というのは、歪みを強制しやすく以前よりもさらに美しくなるチャンスでもあります。

 

・骨盤を歪む要因にあふれた現代社会

骨盤が歪む要因が現代社会ではありふれています。通勤や買い物の際に手にする鞄も、いつも決まった腕だけに預けているだけでも、少しずつ右半身と左半身のバランスが崩れていきます。

デスクワークで長時間座り続けているのも注意が必要です。仕事が終わった後、肩や腰に痛みや重さを感じていらっしゃる場合は、骨盤にも負担がかかり歪みが生じている可能性があります。

立ち仕事でも、片足に重心を預ける癖がありますと、それも歪みの原因となってしまいます。

歪みを解消するのに一番なのは、ウォーキングなど適度な運動を定期的にこなすことですが、忙しい現代社会で運動の時間を毎週確保するのは中々難しいことだと思います。

 

・蓄積された歪みは簡単には消えない

歪みを運動で解消できると言いましたが、長い時間かけて蓄積された歪みは、矯正するにしてもじっくり腰を据えてやらなければならないことが良くあります。

衰えた筋肉を取り戻すには時間をかけたトレーニングが必要なのと同じです。

ですが、出産の後は骨盤が柔らかくなっておりますので、蓄積されてきた歪みをリセットして身体本来のボディラインと健康美を取り戻すチャンスでもあるのです。

出産して、何だかもっと綺麗になったと言われましょう!

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院

2015.11.01更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

交通事故の被害に遭われてしまった方が、事故前と事故後で性格が変わってしまったという話があります。
原因の一つには頭を強く打ったことによって脳にダメージを受けてしまったからというものですが、患者様の中には頭は打っていないけれど、何か以前と違う気がするとお悩みになられる方がいらっしゃいます。

・神経と脳は繋がっている
脳にダメージがなくても、むち打ち症などによって骨、特に頚椎(首)など重要な神経が通っている部分にダメージを受けると、神経にも悪影響があります。さらに骨格の歪みというのは自然治癒しないことも多く、骨格の歪みが神経を常に圧迫し、慢性的に神経の伝達に影響を与えてしまうのです。

その結果「イライラ」や「倦怠感」、「不安感」を感じるようになります。常にイライラしていたり、前は当たり前に湧いてきたやる気が出ていない、いつも漠然とした不安を感じる、そうした状態が続いていると、性格にも影響が出てしまいます。
交通事故に遭われてから怒りっぽくなった、優柔不断になったなどにはそういった原因である可能性があります。

・本当に辛いのはご本人様です
これらの症状は、自覚症状の辛さは大きくとも、レントゲンにも異常は映らず、目に見える症状もありません。明らかな怪我をしている方に対してはその痛みを共感することはできますが、内面に係る症状では共感されにくいものです。
性格の変化を周囲から非難され、本人も以前のようにできないことに強いストレスを感じられています。
交通事故で骨折した時に鍛え方が足りないと言うことがないように、性格の変化も悪いのは症状であって本人には何の非もありません。

必要なのは症状を理解すること。そして改善するためにはどうすればいいのか治療の専門家と相談し、健康な身体に戻ることです。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院