りぼん整骨院ブログ

2018.02.19更新

「低体温」の状態は、ストレスがもたらした結果でもあります。その結果を意識的に変えることで、体の機能を回復させ、ストレスに対する抵抗力をつけることができるのです。体温が高くなったとき、最初に変化するのは血流です。

低体温が血流を悪くさせるのとは逆の理由で、体温が上昇するとそれだけでもけつりゅうは良くなります。血流が良くなると、ストレスによってダメージを受けていた細胞に糖(グルコース)というエネルギー源が供給されます。それと同時に、体温アップによって酵素活性も上がるので、エネルギーを効率よくつくりだすことができるようになります。

こうして細胞がストレスから回復すると、その情報が脳にいき、脳の視床下部から下垂体へ、そして自律神経、ホルモンへと伝達されていきます。こうして、良い情報が伝達されていくことによって、体全体の機能も正常に整っていくのです。

お風呂や温泉、サウナなどで体を芯から温めると、体中の疲れがとれたように感じますが、それは細胞のストレス状態はあまり長くは続きません。

体が冷えると、元の低体温状態に戻ってしまうからです。体を常にベストの状態にするためには、外から温めるだけではなく、体温の高い状態をキープできる体作りをすることが必要です。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院