りぼん整骨院ブログ

2017.12.30更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

体温が高いとなぜ免疫力が高まるのでしょうか。理由は2つあります。

1つは血液の流れがよくなること。もう1つは酵素の活性が高まることです。血流がよくなると免疫力が高まるのは、そもそも免疫機能をもった白血球が血液の中に存在しているからです。

血液が、体を構成する約60兆個もの細胞に栄養と酸素を送り届け、かわりに老廃物を持ち帰る働きを担っていることはよく知られていますが、血液にはもうひとつ、とても重要な働きがあります。それが免疫システムです。

白血球が血液を介して体の中を巡ることで、体の中に異物が侵入してきていないかどうか、パトロールをしているのです。そして、異物を発見すると、白血球は自分で対処するとともに、白血球の応援隊を呼びます。こうした白血球の素早い対処によって、侵入した細菌やウイルスを駆除し、健康を保っているのです。

でもこのとき、血液の流れが悪かったらどうでしょう。白血球は血液の中に存在しているので、血流が悪いと、呼ばれても素早く応援に駆けつけることができなくなってしまいます。ですから、体温を上げ、いつも血流をよくしておくことが、免疫力の向上につながるのです。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院