りぼん整骨院ブログ

2017.12.11更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

骨盤を整えながら、自律神経のバランスを調整するワークです。背もたれはなくてもかまいませんので、固定されているイス(車がついていないイス)で行いましょう。

1.腸骨をつかんで仙腸関節から動かす

  腸骨は腰に張りでている骨。窪みに親指を入れるようにつかんでください。

2.大きく息を吸いながら骨盤を起こす

  イスに浅く腰かけ、親指以外の指に力を入れて、骨盤を開くイメージで起こします。骨盤が起きると胸を張り少し腰が反るような姿勢になります。骨盤を起こす時は、お腹に空気が入るように深く息を吸います。

3.息を吐ききりながら骨盤を寝かせる

  次は親指にギュッと力を入れて骨盤を寝かします。骨盤が寝ると、背中は丸まります。骨盤を寝かせる時は、お腹と背中がくっつくようなイメージで、息を吐ききります。

2と3を1セットとし、20~30回行いましょう。

骨盤はそれほど大きく動くわけではありません。大きく動かそうと無理をしないように気をつけましょう。

また、違和感や痛みを感じたら中止してください。

 

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院