りぼん整骨院ブログ

2017.11.17更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

睡眠時間の次に大切なのは、朝日を浴びるということです。

人の体には体内時計を刻む遺伝子時計があり、その時々に合わせて活動しやすい状態を作ってくれています。

この時計遺伝子が狂ってくると、自律神経も狂いが生じてきます。

普通の生活をしていても、実際の時間と体内時計にはズレがあるため、体内時計をリセットする必要があるのですが、それを行うのが朝日です。

このリセット作業をしっかり行うために、早起きを心がけましょう。

遅くても7時までには起きてください。

起きたらすぐにカーテンを開けて、朝日をたっぷり浴びます。

曇っている日はどうすればいいのかと疑問に思うかもしれませんが、曇りや雨の日の明るさでも時計遺伝子は十分認識するそうです。

朝日を浴びると眠りのホルモン(メラトニン)の分泌も止まるので、眠気もスッキリするでしょう。

日頃忙しくしている人は、休日つい寝過ごしてしまいがちですが、昼ごろまで眠ったりしていると体内時計が狂い、休み明けがとてもつらくなります。

遅くても10時頃までには起きたほうが後々も楽です。

睡眠時間を補うのであれば、朝は頑張って普段通りに起き、夜早めに寝るのが良いでしょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院