りぼん整骨院ブログ

2017.11.14更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

f分の1ゆらぎというのは、大きくなったと思えば小さくなったり、強くなったり弱くなったり。

連続的であっても一定ではない揺れのことをいいます。

例えば川のせせらぎや風に揺れる木漏れ日。

自然に多いのですが、電車の揺れなどもf分の1ゆらぎといわれています。

電車に乗ると眠くなるように、f分の1ゆらぎには自律神経にスイッチさせてリラックスさせる働きがあるようです。

最近の扇風機にはf分の1ゆらぎの風が作れるものもあるので、合わせて使ってみるのもよいでしょう。

冬も、ヒートショックには注意しなければいけませんが、寒さにブルッと身を震わせるような時間も必要です。

せっかくなら窓も開けて、冬独特の澄んだ空気を吸い込んでみてください。

ただし、夜寝る時は寒すぎると交感神経が優位になり、眠れなくなってしまいます。

湯たんぽなどで布団をあらかじめ温めておくと、その温かさで副交感神経が優位になり寝付きやすくなります。

温めるといっても、電気毛布を一晩中つけていたりすると、汗をかいて体内の水分が減りドロドロ血になりやすいのでやめましょう。

通気性が悪かったり、暑くなり過ぎることで眠りの質も悪くなってしまいます。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院