りぼん整骨院ブログ

2017.11.09更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です

どんな物事にも必ずいくつかの側面があります。

どの側面を見るかによって、受けるイメージは大きく変わってきますから、いつも特定の側面ばかり見るのではなく、ときには、違う側面から見るとどうだろう、と考えてみることが大切です。

マイナスイメージが浮かんできたら、それをプラスイメージに転化できないか考えてみるのです。

仕事で失敗してしまったら、「これは自分にとって貴重な経験になる」と考えれば、必要以上に落ち込んでしまうことはないでしょう。

どうしても苦手な人がいるなら、「なぜ苦手なのかを考えれば、自分という人間がもう少しわかるかもしれない」というスタンスに立ってみる。

すると、相手との関係を客観視することができ、苦手意識もうすれていくことでしょう。ものは言いよう、考えようです。

ほんの少し見方を変えるだけで、苦手なものが得意に、不快なことが快に、不満なことが満足に思えてくるのです。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院