りぼん整骨院ブログ

2017.11.05更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

近年、首こりになる人が急増している大きな原因となっているのがスマホです。

スマホを使いすぎて、頸椎のカーブがなくなってしまう、いわゆるストレートネックになってしまう人も増えています。

ストレートネックなってもなお、首に負担をかけ続けていると、頸椎椎間板ヘルニアになることもあります。

椎間板ヘルニアがひどくなると、手術が必要になるなど治療がとても大変なのでそうならないよう、スマホとは上手に付き合ってください。

スマホは目や手先も疲れさせるので、長時間続けて使わないようにするのが理想的ですが、「それなら止めよう」という人はなかなかいないでしょう。

ですからせめて使用時の姿勢に気をつけてください。

床に座って使用する時は、頭まで壁によりかかって使用するとよいでしょう。

うつむくのではなく、スマホを持ち上げ、目と同じ高さにして使用するイメージです。

動画を見るなど、長時間手で操作をしなくても良い時は、空いているほうの手で、スマホを持っている手のほうの体側部をつかんで、スマホを持っている手の支えにすると楽です。

うつむき姿勢が続くと、顔がたるみやすくなるとも言われているので、日々注意して過ごすことが大切です。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院