りぼん整骨院ブログ

2017.11.04更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

目は近くを見ている時は、副交感神経が優位な状態です。

しかし、体全体としては交感神経を優位にして集中力を高めています。

すると目と体の自律神経がアンバランスになり、自律神経を余計に混乱させるといわれています。

ですから、せっかくの仕事の休憩時間に書類を書くといった、近くを見る作業をすると、そのアンバランスさは解消されません。

窓の外を眺めるなど、なるべく遠くを見ることが大切なのです。

アイマスクなどで目をしっかり休めるのもよいでしょう。

目がどんよりと疲れているような時は、ホットアイマスクで血流を高めるとスッキリします。

タオルを濡らして電子レンジで温めたホットタオルや、市販されている蒸気で温めるアイマスクなどを活用してください。

目がカーッと熱くなっているように感じる時は、オーバーヒートしていますので、反対に、ジェルが入っているような冷たいアイマスクを使ってください。

以前に紹介した「首こりほぐし」の中から、気持ちいいと思えるものをピックアップして行うのもオススメです!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院