りぼん整骨院ブログ

2017.11.03更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

パソコンを使ったり、細かい手作業をするというような時は、目が疲れないように注意することも大切です。

目が疲れると目の周りの筋肉が緊張し、それが首や肩にも伝わっていくからです。

特にパソコンを使用している時は、目が疲れやすいので注意しましょう。

パソコンを使うときの注意点は、以下の通りです。

・ディスプレイは体の正面にくるように

ディスプレイが斜めに置いてあると、腰や首を曲げてディスプレイを見るようになり、こりの大きな原因になります。

正面に置くのが理想ですが、スペースがなく斜めに置くような場合でも、必ず椅子を回して体が正面にくるように心がけましょう。

・ディスプレイは見下ろす

パソコンのでディスプレイを見上げるようになると、目が大きく開くので涙が蒸発しやすくなり余計に乾きやすくなります。

ディスプレイは少し見下ろすぐらいになるように、椅子などで調整してください。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院