りぼん整骨院ブログ

2017.11.03更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

年齢を重ねていくと、自然と筋肉量は低下していきます。

しかし、その大部分はアウターマッスルであり、インナーマッスルは年齢を重ねても維持しやすい筋肉です。

高齢になると体がグラグラして転倒しやすくなり、それがきっかけとなって寝たきりになるというケースが多いのですが、しっかりとインナーマッスルが使えていると、転倒もしづらくなります。

さらにインナーマッスルはエネルギー消費量が高いので、インナーマッスルはエネルギー消費量が高いので、インナーマッスルが鍛えられていると太りにくいというメリットもあります。

まずは正しい姿勢が作りやすい着席時だけでも良いので、少しずつ姿勢を矯正していきましょう。

着席時に正しい姿勢が作れるようになると、起立時、歩行時なども正せるようになっていきます。

仕事などに集中すると姿勢のことを忘れてしまいがちになるので、アラームをかけるなどして、定期的に正してください。

<正しい姿勢の作り方>

1、お尻は椅子の背もたれにぴったりつくように、座面の一番奥に座る。

2、1の位置をキープしたまま、上半身を起こして背中全体を背もたれにぴったりつける。

ぜひやってみて下さい。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院