りぼん整骨院ブログ

2017.11.02更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

姿勢を保つための筋肉はインナーマッスルと呼ばれる、体の深層にある筋肉です。

インナーマッスルは柔軟性があり、あらゆる動きに無理なく対応でき、持久力もあるという特徴があります。

しかしインナーマッスルが鍛えられていないと、姿勢を保つために、アウターマッスル、表面にある筋肉が使われるようになります。

アウターマッスルはダッシュするとか、重いものを持ち上げるといった、直線的で単純な動きは得意なのですが、柔軟性がありません。

そのためインナーマッスルの代わりとしてアウターマッスルを使ってしまうと、オーバーワークになり、こりや痛みを起こしてしまうのです。

つまり、こりや痛みが起こりにくい体を作るためには、インナーマッスルを鍛える必要があるのです。

そして、正しい姿勢を維持することが、インナーマッスルを鍛えることにもつながります。

次回は正しい姿勢の作り方を詳しくご紹介しましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院