りぼん整骨院ブログ

2017.11.10更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

栄養不足もこりを深刻化させる一因になります。

栄養素というのは相互的に働いているので、まんべんなく補うのが理想的です。

そういった意味では外食がちな人などは特に、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントでカバーするというのもよいでしょう。

特にこりにいい食事を心がけたいという人は、以下の栄養素を意識的に補うようにしてください。

・ビタミンB1

まず多く見られるのはビタミンB1不足。

ビタミンB1は肩こりの薬などで筋肉疲労の解消のために配合されているように、不足するとこりやすくなります。

ビタミンB1は糖分を代謝させるために必要な栄養素ですが、現代人は糖分をとり過ぎる傾向にあります。

特に白米や食パン、甘い菓子や清涼飲料水に含まれる白い砂糖。

こういった精製され過ぎた食品をとってしまうと、ビタミンB1がいくらあっても足りない状態になってしまうからです。

玄米や全粒粉であれば、ビタミンB1も一緒にとることができます。

また、ビタミンB1は豚肉や豆類、ナッツなどに多く含まれています。

これらの食材と玄米や全粒粉パン・ライ麦パンなど、精製されすぎていない食材をとるようにしましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院