りぼん整骨院ブログ

2017.10.31更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

赤ちゃんの睡眠は、生後7週間ほどは安定しません。

昼と夜の区別がつくのは、生後約7週間たってからです。

お母さんにとっては、1週間でも早く、大人と同じ睡眠サイクルになれば眠ることができて楽になります。

今回は少しでも早く、赤ちゃんの睡眠を大人のサイクルに近づける方法をお教えします。

夜中、赤ちゃんが起きておむつを替えたり、授乳する時に電気をつけていませんか?

ですが、実は夜中に赤ちゃんが起きても電気をつけないことが重要。

つけたとしても明るくせず、なるべく暗い中でおむつを替えたり、授乳したりしましょう。

そうするとことで、赤ちゃんは徐々に夜を認識し、「夜は眠るものだ」と理解し始めます。

実際に、暗い中でおむつ交換やおっぱいを飲んでいた赤ちゃんと、明るい中でおむつ交換やおっぱいを飲んでいた赤ちゃんでは、暗い方が1週間も早く大人と同じ睡眠サイクルになった研究結果もあります。

「たった1週間?」と思うかもしれませんが、7日間も早く楽になると思うと、随分違いますよね!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院