りぼん整骨院ブログ

2017.10.31更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

子供の発育に必要不可欠な成長ホルモンが分泌されるのは、入眠してから最初の2~3時間です。

その分泌量は幼少期から徐々に増えて、15~20本ぐらいにピークを迎え、その後、急激に減ります。

ですから、幼少期の子供にとっても、良質な睡眠は必要不可欠です。

また、お父さん、お母さんは、子供と毎日「朝食」を一緒にとることをお勧めします。

朝、子供と一緒に朝食をとることを、1日のスタートとして習慣にしましょう。

朝のスタート時間を揃えることで、仕事や家事で乱れがちなお父さん、お母さんの体内時計がリセットされます。

その結果、睡眠を促すホルモン、セロトニンが正常に分泌され、質の高い睡眠がとれるようになります。

朝食を一緒に食べることで、子供とのコミュニケーションも取れますよね。

朝、頭がスッキリしているときに、昨日あったことを子供に聞くとよいでしょう。

子供にとっても、睡眠中に記憶が整理されているので、話す内容もバラバラせずしっかり答えられるはず。

また、話をすることで脳にも刺激を与え、精神的にも安定しますよ!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院