りぼん整骨院ブログ

2017.09.30更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

床に就くのが夜の12時以降という習慣では、いくら睡眠時間をとってもリンパ球の数値が低いので、免疫力は低下しやすいです。

夜12時前とそれ以降に寝るのではリンパ球の数値に差が出ます。

リンパ球は副交感神経が優位なリラックスした状態で分泌されますが、睡眠時間の長さよりも「何時に寝たか」が重要です。

リンパ球の数値が上がるのは、早い時間に寝た場合です。

その違いがはっきり現れたのが、夜12時前と後でした。

面白いことに12時前に寝ると、睡眠時間が4~5時間程度でも、12時以降から7~8時間眠った人よりもリンパ球の数値が高かったのです。

つまり、遅い時間から長く睡眠時間をとるよりも、早い時間に寝れば睡眠時間が短くて免疫力が高くなるわけです。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院