りぼん整骨院ブログ

2017.09.24更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

私たちの体には網の目のようにたくさんの血管が張り巡らされています。

心臓から送り出された血液は全身の毛細血管にくまなく運ばれ、様々な臓器や、筋肉、神経などを形成している細胞に酸素と栄養を届けます。

この酸素と栄養が、細胞内のエネルギー工場を動かす原料となるわけです。

例えば、日常的なストレスで、体が低酸素、低体温の状態に傾いてしまったとします。

このとき、血液は酸性に傾き、赤血球同士がくっついてしまっています。

これがいわゆる血液ドロドロ、血流が滞った状態です。

この状態を放置しておくと、血液中のコレステロールが酸化し、動脈硬化が起こりやすくなります。

血管に血栓ができれば、脳梗塞のリスクも考えられます。

一方、血液サラサラの状態とは、ストレスから開放された状態。

つまり、低酸素・低体温が解消され、くっついた赤血球も離れて血液がスムーズに流れる状態なのです。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院