りぼん整骨院ブログ

2017.08.29更新

盛岡市で肩こり・首こり専門のりぼん整骨院です。

前回は、歯ぎしりの眠りへの影響についてのお話でした。

もう1つの問題は「いびき」です。

いびきは、呼吸によって空気が通る上気道(喉や鼻腔など)の粘膜が揺れることで音が出てしまうのが原因です。

睡眠中は体の筋肉も弛緩しますので、上気道も狭くなって音が出やすくなります。

また、肥満、アルコール、ストレス、病気などが上気道を狭くする原因にもなります。

いびきを防止し、改善・解消するためには、まずは何が原因でいびきをかいているのかを知ることが大切です。

例えば、肥満が原因ならば「肥満解消(ダイエット)」がいびきの解消には必要不可欠ですよね。

また、仰向けで寝ると舌の付け根が喉の奥に落ちやすく、気道が確保できないため、いびきをかく原因となります。

いびきが気になる人は、横向きで寝るよう心がけましょう。

普通に横向きに眠ることができなければ、タオルなどを利用して横向きの姿勢を保ってみましょう。

この時、枕が高すぎると上気道を狭める原因になるので、注意が必要です。

歯ぎしりやいびきは、同室で寝ている人に迷惑をかけるだけでなく、自分の健康にも悪影響をもたらします。

早期の改善を心がけましょう。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院