りぼん整骨院ブログ

2017.08.22更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

人間には「エネルギーをなるべく温存し、安定的に立とう、寝よう」という生命体としての戦略があります。

これを「姿勢戦略」と呼びます。

電車の中では、必ず両足を開き、揺れに合わせてバランスをとりながら立っていますよね。

あれは、重力に対し、最適重心を見つけて、安定した姿勢をとろうとする、姿勢戦略の一つです。

座っている時に見られるのは、骨盤が前に滑り出して、背中が丸くなり、その分あごが前に出る姿勢です。

座っているというのは、同じ姿勢で固まっているということ。

この状態で1日に何時間も過ごせば、肩こり、首こり、むくみなど、さまざまな症状に悩まされるのも当然です。

少しでも筋肉を動かして、血流をよくすることに、エクササイズの大きな意味があります。

特に注意すべきは、座り姿勢です。

歩いている時は重心を無意識に計算してますが、なぜなら重心線から外れると転ぶからです。

けれども、座っているときはイスに体を預けているので、崩れた姿勢になりやすいです。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院