りぼん整骨院ブログ

2017.07.31更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

受験勉強を頑張っている子供に、よくお母さんが夜食を用意することがあります。

ところが、実は夜食は、睡眠にとってNGです。

睡眠は、体を休めることが役割の一つです。

ですが、寝る前に食事をすると消化するため胃が働き、吸収するために腸が活発に動きます。

勉強で疲れて寝ているのですが、実は内臓は休んでいないという状態になるのです。

また、私たちの体は夜、エネルギーを溜め込むようになっています。

摂ったエネルギーは体に溜まり、基礎代謝として消費していくのですが、消費しきれないエネルギーは、脂肪として体に蓄積され、結果として太ってしまいます。

太りすぎてしまうと、睡眠に悪影響を及ぼすことがあります。

睡眠時無呼吸症候群になって命の危険にさらされるケースや、いびきの原因になることもあります。

体のこと考えて、夜食をとることを控えましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院