りぼん整骨院ブログ

2017.07.30更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

日本では、結婚して子供が生まれ育つと、ダブルベットで寝ていた夫婦もツインベットに変えることが多いようです。

睡眠にとっては、どちらのベットがよいのでしょうか?

ベットの硬さを考えてみましょう。

人の体はさまざまで、仮に体重が重い人にベットの硬さを合わせてしまうと、体重の軽い人には硬すぎて、寝心地が良くありません。

体温も人それぞれで、理想の寝床内温度である32℃にあわせようとすると、微妙に室温を調整する必要があります。

そしてなにより、寝返りが問題です。

寝返りは一晩で20回ほど打ちますが、1人が寝返りを打つとベットの沈み具合が変わり、もう1人にも変化が伝わります。

以上のように、物理的にはツインベットの方が、睡眠の質を高めると考えられます。

しかし、睡眠は精神的な要因が高いもの。

ダブルベットの場合、単に寝ているだけでもお互いの肌が触れ合い、スキンシップが多くなります。

また、布団も人の体温で温まり、あとから布団に入るときも寒い思いはしません。

パートナーが傍にいるだけで安心して眠れ、朝も心地よく起きられるのなら、それもよいのではないでしょうか。

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院