りぼん整骨院ブログ

2017.07.07更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

野菜、キノコ、海藻などに多く含まれる食物繊維は、体の栄養にはなりません。

しかし、腸管を刺激して消化吸収の働きを活発にします。

野菜は、腸管内の余分なコレステロールや塩分を排泄、緑黄色野菜のβ-カロテンには新陳代謝を高める働きもあります。

キノコは、便通を良くして、便が腸にとどまる時間を短縮する、免疫機能を高め、コレステロール値も改善します。

海藻は、共に食べた食品の糖分や塩分の吸収を遅延させ、コレステロール吸収を抑える。

腸には、体全体の60~70%もの免疫細胞が集まっており、常在菌や食物繊維の働きが作り出す腸内環境は、人の健康に大きな影響力を持っています。

食物繊維をしっかり摂ることで便通が良くなり、老廃物は排出され、腸内で善玉菌の餌となることで、腸内環境を整えて免疫力を高めてくれます。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院