りぼん整骨院ブログ

2017.02.25更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です

やる気が出ない時は、あえて交感神経の働きが活発になることをしてみると、元気が出てきます。

交感神経を活発にするには、余裕を持って行動する時と正反対の行動を取ればいいのです。

簡単な方法としては、時間を区切って時間に追われながら行動してみると、交感神経は上がるでしょう。

特に疲れている夕方の時間帯には「この仕事が終わるまで」と考えるよりも、「この仕事は〇時まで」と区切った方が、仕事ははかどります。

このように、自律神経の作用をうまく活かしながら24時間を過ごせば心身ともに充実した1日になります。

午後の眠気が強まる時間帯は交感神経を高めて、イライラしている時は、副交感神経を高めるという具合に自律神経の特性を活かしましょう!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院