りぼん整骨院ブログ

2016.09.23更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

冬に布団に入る時にヒヤッとしていて眠りにくいという経験はありませんか?

掛け布団と体の間の温度のことを「寝床内温度」と言います。

この寝床内温度が32℃で湿度が50~60%の状態が最適だそうです。

Tシャツ1枚が心地よいくらいの状態になります。

冬場に最適な寝床内温度を作り出すアイテムこそが湯たんぽなんです!!

湯たんぽを足元に置くことで足先から温まっていきます。

すると「頭寒足熱」の状態になり、ぐっすり眠る環境を作れます。

また湯たんぽは時間がたつと冷めるので寝床内温度が上がりすぎて寝苦しくなることもありません!

今年の冬に是非湯たんぽを試してみてください!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院