りぼん整骨院ブログ

2016.09.05更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

ストレスを感じた時はついつい甘いものをたくさん食べてしまいますよね。

なぜ甘いものが欲しくなるかというと、チョコやクッキーなどは精製された砂糖で作られているため、食べてから10~15分で血糖が上がり、体温が上がって満ち足りた気持ちになるからです。

しかし、摂り過ぎてしまうと、血糖がが急激に上昇し、インスリンの分泌が促進されかえって低血糖状態となってしまう場合があります。

ですから、しょっちゅう甘いものを食べないと心が安定しなくなります。

甘いものが好きな人は、甘いものを食べ続けないと血糖を維持できないという状況に陥ってしまうのです。

ご飯をしっかり食べている人は、血糖が安定し、精神的にも安定するので間食をしなくなります。

甘いものの食べすぎをやめたいのであれば、まずストレスを減らすことです。

自分の趣味やリラックスできる方法を見つけてストレスを解消しましょう。

そうすることで自然と甘いものは口にしなくなりますよ!!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院