りぼん整骨院ブログ

2016.08.27更新

盛岡市で肩こり、首こり専門のりぼん整骨院です。

毎日多量の飲酒を続けていると、肝臓病を患いやすいと言われていますがこれはどうしてでしょうか?

それは過度のアルコールを摂取し続けると、肝臓での脂肪の分解が抑制されそれと同時に中性脂肪の元となる脂肪酸が大量に肝臓に運ばれて蓄積されることになっています。

これが肝臓病の原因です。

脂肪だらけの肝臓の内部では血液循環がうまくいかなくなり徐々に機能が低下します。

さらに飲酒を続けると、アルコール性肝炎にかかり、やがて肝硬変へと移行します。

肝硬変から肝臓がんを引き起こすこともあります。

肝硬変にかかると元の正常な肝臓に戻ることはないので気をつけましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院