りぼん整骨院ブログ

2016.07.12更新

岩手県盛岡市りぼん整骨院の高橋です

いよいよ夏らしくなってきました。暑くなってきたら特に気をつけたいのが熱中症です。

熱中症には種類があり、熱失神、熱疲労、熱痙攣、熱射病があります。この中で1番ひどいのが熱射病です。

今回は熱中症にならないための予防策をお伝えします。

①こまめに水分補給をする

喉が渇いたと感じたときにはすでに体の水分はほとんどなくなっています。

そして汗をかくと塩分も無くなってしまうので、水分、塩分、そして糖分を一度に補給できるスポーツドリンクを飲みましょう。

②服装にも気をつける

通気性が良いもの、乾きやすいもの、よく汗を吸い取ってくれるものを選びましょう。

もし熱中症になったら…

涼しい日陰やクーラーの効いた室内に移動する。

衣類を緩めて休む。

体を冷やす。冷たい水や氷を手足にあてる。

水分補給をする。

これらをしっかり行い安静にしましょう!

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院