りぼん整骨院ブログ

2015.12.24更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

私達整骨院で治療を行う治療家にとって、坐骨神経痛の相談というのは多く寄せられます。

この坐骨神経痛とは何なのか、その原因について少し考えてみます。

 

・坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは椎間板ヘルニアに代表される慢性的な痛みを伴う症状です。

坐骨神経痛という言葉を聞いたことが無い方もヘルニアという言葉なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

その症状は、臀部(お尻)から太もも、ふくらはぎ、足にかけて、鋭い痛みやしびれ、冷感や灼熱感、締めつけ感、張りなどさまざまなツライ症状が現れます。

症状によっては少し歩くと歩けなくなるほどの痛みが生じたり、安静に横になっているのに痛みが出てきて眠れないということもあります。

 

・坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛の坐骨神経とは、背骨を通る神経のことで、これが圧迫されることで痛みやしびれなどの症状が出ているのです。

 

スポーツなどで起こる坐骨神経痛では梨状筋という仙骨の筋肉を通る坐骨神経が圧迫されて起こります。

 

椎間板ヘルニアの場合は、背骨の骨と骨の間を構成している部分である椎間板が突出してしまった状態です。骨と骨をつなぐ部分が歪んで飛び出してしまったイメージですね。

この歪みによって坐骨神経が圧迫され、坐骨神経痛を引き起こしてしまうのです。

坐骨神経痛の90%は椎間板ヘルニアだと言われるほど多くの方が悩んでいる症状です。

 

原因を知ることで対策も正確に行うことができますので、まずは自分の痛みの原因を明確にすることが身体のためには大切です。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院