りぼん整骨院ブログ

2015.11.14更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

肩こりを感じた時に、とんとんと肩を叩くことは一般的です。

自分では叩きにくいのをもどかしく思い、誰か叩いてくれないかな?とぼんやり考えたりもします。

 

しかし、簡単そうに見える肩たたきは実は力加減を間違うと筋組織を破壊したり、血行不良につながり、余計に肩こりを悪化させてしまうことがあります。

しかも肩こりを引き起こした環境や習慣などは改善されていないため、以前よりもより症状が深刻になることすらあります。

 

・肩こりの原因を取り除くことが一番。でも簡単なことはでありませんよね?

肩こりの一番の対策は、なぜ肩こりが慢性化しているのか、原因をつきとめ、それを解決することで根本から改善することができます。

とはいえ、現実的にはなかなか難しいことです。

長時間パソコンに向かう仕事が原因で肩こりが起きている方に、パソコンに向かうのを辞めろというのは無理な話です。

 

根本的な解決にはなりませんが、症状を緩和する的確な方法を知ることで肩に優しくすることができます。

 

・首の力を抜く

肩こりと言うと、肩だけが原因に思えるかもしれませんがこりの原因は首にあることも多いです。

というのも、現代人と生活は首に負担をかけやすいものばかりです。

肩こりへの対策としてすぐにできるものには、休憩のときに首の力を抜いてリラックスさせると良いでしょう。

 

一見簡単そうですが、力を抜こうとすると、意外に力が抜けるイメージが分からないということもあります。

そういう場合は一度ぎゅっと力を入れて、そこからふっと力を抜いたときの状態が、「力が抜けた状態」だと憶えることで、リラックスした時に自然に力を抜くことができるようになりますよ。

 

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院