りぼん整骨院ブログ

2015.11.21更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

四十肩(五十肩)による激しい痛みはとても不快なものですね。

それでも市販の湿布を貼って、我慢をしていれば自然治癒する……と考えていらっしゃる方は結構いらっしゃるのですが、これが四十肩はなかなかしつこいものです。

 

四十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」や「癒着性関節包炎」と呼びます。名称の通り、四十肩は関節炎の一種です。

炎症ですので自然に治ると思われるかもしれません。実際に痛みは消えます。

しかし、痛みというのは四十肩の症状の1つでしかありません。

四十肩になったあと、痛みはないのに肩が元のようにスムーズに動かなくなったという話は聞いたことがないでしょうか?

肩を垂直に上げることができないという状態は四十肩を放置したときの典型的症状です。

試しに腕を耳にピタリとつけることができるか試してみてください。できない場合は『関節拘縮』になっています。

 

『痛み≠四十肩(五十肩)』

 

・なぜ動かなくなるのか

『関節拘縮』とは、関節の可動域が制限されている状態で、『関節包の癒着』によって引き起こされています。

長期間、肩を動かさないようにしてしまうことで癒着してしまうのです。

また、インナーマッスルも衰え、根本的な『筋肉を正しく動かす力』までもが衰えてしまいます。正しく動かなくなると、単純な日々の生活による筋肉の使用だけでは歪みは広がるばかりで、四十肩が起こりやすい状態のままになってしまいます。

 

「我慢しよう。」と思わずに、お近くの整骨院などでしっかりとお身体を労ってあげることが、いつまでも元気な身体でいることにつながります。

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院