りぼん整骨院ブログ

2015.11.19更新

盛岡市青山のりぼん整骨院、院長の土村です。

 

四十肩、五十肩という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

ポピュラーな言葉ですので、聞いたことがある方も多いかと思います。

 

服を着ようと腕を上げたら、洗濯物を干そうと腕を上げたらなど、そんな激しい動きをしたわけでもないのに肩に突発的な強い痛みが走り、そのままズキズキと痛みが続く症状を四十肩、五十肩と呼びます。

四十肩と五十肩という名称は、元々五十代によく見られる症状だったものが、パソコンなどの一般化で若年化して四十代にも見られるようになったために呼称が別れたもので、どちらも同じ症状を指します。今後は三十肩と呼ばれるようになるかもしれません。

その痛みは鋭く、「寝返りをうったら痛みが走り朝まで眠れなかった。」という患者様もいらっしゃいました。

 

『四十肩は突然来る!』

 

・肩こりとの違い

四十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」や「癒着性関節包炎」と呼びます。

肩こりは多くの場合筋肉の緊張から血行が悪くなっていることが原因です。

それに対して四十肩は、関節が炎症を起こしていることで痛みが発生しています。

 

関節は骨と骨とを接続している部位で、膜や液体の入った袋状になっています。

この膜が関節の動きが悪くなることで摩擦され炎症を起こしているのが、四十肩です。

 

・なぜ四十肩は起こるのか?

四十肩の原因は人によって個人差があるのですが、筋肉が衰えて歪んでしまったことが主な原因の1つです。

関節を動かすのは筋肉ですので、偏った動きによって特定関節部に負担がかかり、炎症を引き起こします。

 

特に背中が固くなっている肩は要注意です。肩甲骨あたりの筋肉の動きが無くなり、肩周りにある他の筋肉にばかり負担がかかってしまうことで、四十肩が生じてしまうのは典型的です。

 

つまり四十肩は背中のストレッチを定期的に行うことで、予防することができます。

 

『四十肩は突然くるが原因は日々の生活にある!』

 

投稿者: 盛岡市りぼん整骨院